teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ダッキー&ラフト

 投稿者:toga  投稿日:2018年 5月 6日(日)00時08分19秒
返信・引用
  4日香川からご家族2組(8名)のお客さんでの川下り。4~5歳の幼児2人とお母さん2人はラフトボートに乗り、お父さんと小3男子3名はダッキー2艇でAコース。川下りが初めての2家族だったので事前の。5月の川は水温が低いのでアンダーウエアや防寒上着をしっかり重ねないと寒いので連絡を入念に行う。きちんとしたご家族で前日受付けでの準備品は完璧だった。天気も水量もよく皆楽しく川下りを体験してくれた。カヤックのK君の撮った画像もいい表情がよく撮れていて喜んで頂いた。  
 

トラブル

 投稿者:toga  投稿日:2018年 5月 1日(火)23時24分7秒
返信・引用 編集済
  数日前に三味線会のメンバーさんより電話があり3名退会したいとの申し出があった。いきなりの事でびっくりして頭がパニック、どうにも収まらないので今日の夜に3人が練習に集まる会場に行き話をした。せめて6月の大会まで延期してもらえないかと思って臨んだが叶わなかった。辞められる理由は、練習会の運営や方向性に対する不満が溜まってのことだった。練習での雰囲気は変わった様子で意見や相談もなかったので気づかなかったのだが・・、大会参加を前にしての結論になったとのことだった。たった6~7人しかいないグループメンバーの気持ちの変化に全く気がつかなかった事がこんな結果になってしまった。  

子供クラ・シートレッキング

 投稿者:toga  投稿日:2018年 5月 1日(火)11時18分23秒
返信・引用
  子供クライミングクラブ月曜会のメンバー親子で初のシートレッキング。2家族にて5~11歳の子供5名大人4名で衵海岸に。9時から歩き始めて前半はカニや、イソキンチャクに触れたり、巻貝や海藻を採集しながら10時半に昼休憩。ゲットした貝と海藻でダシと具材にしてKさんが持ってきた味噌で海の幸の味噌汁にして昼飯タイム。ここで5歳のA君は疲れてショートカットを選択して残りメンバーは難所の待つフルコースにチャレンジ。1か所めのトラバースはロープ確保するもK君は動けなくなってしまったので皆膝まで浸かって越えることに。2ケ所めは一部の子をサポートしながら全員無事にゴールの海岸へ着く。ちょっとハードな面もあったが保護者のご協力で磯歩きが無事に実施出来た。
 

那賀川フルコース

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月30日(月)00時27分25秒
返信・引用
  今年6月にある日本開催初のアドベンチャーレースに挑むS、K君と県外のお二人が加わり初のチーム練習のサポート下り。せっかくの機会なのでダム下から水井橋まで約22kに。流石に4人のアスリートのラフトフネは速くついていくのがやっとだった。課題のスラロームもすぐに呼吸もあってスムーズにこなしていった。同行のカヤックのK君も短いフネだけにしんどそうだった。
 

藤剪定

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月27日(金)10時26分11秒
返信・引用
  今年もいっぱい花をつけてくれた藤花が散ったので実の剪定を行う。花の軸の元から2㎝ほど残して落としていく。これをしなければ実をつけるので養分がそこにとられて翌年の花芽が少なくなる。すぐにやらないとあっという間につるが伸び、葉が茂るので作業しづらくなる。3時間ほどで完了
 

運動不足で

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月26日(木)09時36分2秒
返信・引用
  昨日は久しぶりの少年鑑別所での運動指導に赴く。少年鑑別所は警察等で保護されて家裁の決定により送致された少年が一定期間に心理学や医学等の専門知識に基づいて資質や環境の調査を行う保護施設。ここでの外部講師として長年関わらせて頂いているが最近は保護される少年が減少して3ヶ月ぶりの訪問。昨日は18歳の女子1名とジョギング、体操してミニテニスを行う。久しぶりだったのでゲームで張り切って走ったので足腰が疲れた。夕方行きつけの整骨院でもんでもらい、夜はPCも出来ずにぐったり寝てしまった。急に走ったらいかんなあと、  

マダニが!

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月24日(火)10時04分43秒
返信・引用 編集済
  朝起きてズボンを履きパンを焼いて食べている時に何やら太もも附近にチクりとした痛みが・・。
違和感が気になったのでズボンを脱いで太腿の後ろ側を鏡でよくみると赤くなり・・小さい吹き出物のような粒がある。もしやと思いよく見ると皮膚になにかトゲがくっついているような感じだったので指でつまんで引っ張ると出てきた。1ミリ弱の薄くて丸い虫、しばらくじっとしていたが動きだしたので写真を撮る。その形からまだ幼生のマダニにように思う。もし見過ごしていたらしなかったら寄生して血を吸って大きくなっていき、最悪ウイルスに感染して死に至ることもあるとの事でゾッとした。くわばらくわばら
おそらく数日前の草刈りか山の下見で履いていた作業ズボンにつき、脱いでそのまま置いていたので内側に忍び込んでいたと思われる。外作業をした後のズボンはすぐに洗濯しなければいけないと感じた。
 

70歳での岩登り

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月23日(月)10時49分44秒
返信・引用
  昨日は松山よりSさんご夫妻がロッククライミング講習に来られた。Sさんは70、奥さんは68歳でロック講習を始めて15年以上になるが最高齢記録となった。夏に剣岳に行くための練習にという目的だった。午前は久しく使っていなかった北ゲレンデでのクライムアップダウンにて、午後は南フェースでのAコースでのリードワークでのクライムをして縦走トレックと懸垂下降にて15時までフルに岩場での活動を満喫。若い人と違って慎重にゆっくりペースでのワークで満足して頂いたようでよかった。また今回は改めて初心者にとって登りやすい北ゲレンデの良さを実感できてよかった。
 

ロック準備

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月20日(金)01時08分15秒
返信・引用
  22日に来られるロック講習の下見に。久しぶりに北面スラブから取り付いて南面に上がる。今度のお客さんは信州の山を歩くための練習目的なのでこのスラブ壁からが登りやすくていいかもと感じながら静荷重を意識する。そのまま岩稜に上がったが当日ではクライムのアップダウンの演習に決める。続いて岩稜を縦走して鍛冶が峰への尾根道まで漕いで上がりルート確認して折り返す。実際歩きながらプログラムのイメージが固まっていく。いかに恐怖感を軽減して岩場歩きが楽しめるようなプログラムを提供するのがテーマとなった。
 

藤見茶

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月17日(火)03時46分12秒
返信・引用
  今年は1週間早い満開となった藤。先月こ三回忌法要を終えた親父が植えた片身の木でまるで亡父の霊が宿っているかのようで毎年旺盛によく咲いてくれる。土曜は那賀川茶道クラブの練習会、日曜午前は雨上りにて室での藤見茶となった。
 

学校授業

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月11日(水)11時33分57秒
返信・引用
  9日 県立看護学校でのレク授業 看護学科の新入生40名にて「人間関係論」という固苦しいテーマではあるけれど、中身は柔らかい集団ゲームと会話のコミュニケーションという実技中心の内容。毎年1回だけの授業で今年で10年目なので大勢の女子と少数(2名)の男子を前に緊張することもなく3時間のプログラム。先日入学式を終えたばかりなので私語もなくよくこちらの説明や話を聞いてスムーズな進行だったが・・・、最後にしたレクダンス(世界にひとつだけの花)が思うようにいかず消化不良になってしまった。一応は曲をかけて一通りは踊れたが、ノリのいい女子が曲のリズムカウントに合わせられずに早くなってしまい、全員で揃って踊りを楽しみ、一体感を味わう目標には至らなかった。テンションの上がった女子には速いリズムがいいようで修正するには時間がなかった。最後の締めの実技だっただけに後味が悪かった。10回やってもまだまだ読みの甘さを痛感
 

逆うちのバリエーションルート

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月10日(火)02時35分14秒
返信・引用
  8日の石門~鍛冶ヶ峰のバリエーショントレッキング。7日未明までの雨と風強く岩場の条件が悪いので逆回りに変更。スタート時は曇り空だったが鍛冶が峰での昼食では晴れてきていい感じで後半の石門への岩場に向かってコンパスと藪こぎ。Mさんの先行にて迷うことなく稜線に乗るがクライマックスの岩場になると疲れと高度感の不安の表情に。下りはロープの懸垂下降よりクライムダウンがいいとの事で支点セットして降り始める。ロック体験の通常はまず下から登って降りるのでルートの感じがつかめるが、下が見えないいきなりのクライムダウンはロープ確保していても緊張マックスになっていた。けれど2人とも無事に下りきると安堵感でやりきった感での満足の表情だった。
 

雨を避けての岩窟めぐり

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月 7日(土)21時54分59秒
返信・引用 編集済
  7日午前、先月ロックに来てくれたOさんが娘さんと一緒に岩窟ハイクに来られた。
けれど天気が微妙で、昨日夜からの雨で朝はどうにか濃い曇り、午後から雨予報の為午前中で終えられるように陣が丸へのハイキングはやめて岩窟のみにする。娘さんは今春高3になるとの事だが明るいお父さんとの関係も仲良し友ちのようで会話も絶えなかった。岩窟は全部枝穴まで回り流石のボルダ―だった。12時過ぎにDHに戻り、弁当食べてあそび蔵でのクライム洞窟コースにも挑んで頭から出るトリッキーな動きをしていた。最後はカーリングの親子対決でハイテンションなエンデイングだった。
 

介護予防の集団ゲーム

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月 6日(金)04時05分41秒
返信・引用
  神山町にて介護予防の集団レクリエーションのご依頼。青少年センター時代のレクの旧友Aさんがやられている交流施設「てくてく栗生野」にて30名のお年寄りがつどうサロンにて1時間強のゲーム。大半が女性で前回参加者も半数くらいいて笑いも多くあっというまに予定の1時間を越えてしまった。先日の明王寺での三味線も見たと声をかけられてグループ対抗のマネーゲームで大盛り上がりで終えた。次回は夏に子供たちとの川遊びを受けて楽しみが出来た。
 

親子シートレッキング

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月 3日(火)00時51分50秒
返信・引用
  子供クライミング会員の金曜メンバーの子供たちと保護者2名と乳幼児全員で7名のシートレッキング。以前は夏季にしたことはあったが水温の低いこの時季での低年齢層のシートレッキングは初めてでチャレンジでもあった。しかもスタッフは自分だけでなので無理はしまいとハーフコースにと思ったが、せっかくのワカメにつられて2歳児とお母さんはハーフで、低学年の子達はフルで行く。初めての磯歩きの観察は楽しいが、滑って転ぶ子もいてヒヤリとしたがヘルメットをかぶっていたので大事にいたらずよかった。途中で収獲した海の幸でダシをとりワカメ味噌汁にすると子供たちは大喜びで何杯もおかわりしていた。日頃のクライミングの成果で岩場の登り下り、トラバースもついてこれたが、夏と違うので泳げないので磯トレッキングの難易度が高かった。この時季では高学年以上でないとハイリスクになる。やはりシートレは6月以降がよい。
 

ラフト練習

 投稿者:toga  投稿日:2018年 4月 1日(日)23時21分9秒
返信・引用
  6月に国内初開催となるアドレンチャーレースの出場するS&K君のサポートにて鷲敷でラフト練習。本番では1チーム4人で漕ぐのだが、あとのふたりは県外なのでそれぞれで練習するとの事で彼らの初ラフト操舵。とりあえず二人でコントロールの基本スキルとリカバリーをやってみる。フェリーも2~3回で出来る。僕が昨年出来なかったラフトの返しと乗艇は1発でスムーズに出来る。流石に運動神経よく理解が早い。カヤックと違って重いフネだがABのロングコースもいいペースでついてくる。
自分はまだ腕や肩の張りがあったが、ちょっと張り切ってやり過ぎたようだった。
 

素朴で見事なしだれ桜

 投稿者:toga  投稿日:2018年 3月31日(土)21時58分45秒
返信・引用
  阿南で最近よく注目あびてきた熊谷のしだれ桜を見にいく。満開のしだれで見事だったがそれ以上にこの場所が近場なのに素朴で車の通行も少なく面白い場所にある。サイクリングコースとしても面白い。久しぶりに乗ってみたくなる気分だった。
 

ロックスクール

 投稿者:toga  投稿日:2018年 3月27日(火)14時12分34秒
返信・引用
  阿波市でボルダリングジムをやられているOさんのご照会で26日Sさんが参加。天気はよく午前はリードワークのアップダウンとビレイ、2本目はリードと支点確保の体験。午後はBコースでのクライムと岩稜トレックと懸垂下降にてガッツリ実習。Sさんはロープワーク初めてとの事だったが結びやビレイワークもスムーズだった。 お住まいが遠いのが残念。夕方5時から子供クラが2部あり終わると疲れてすぐ寝てしまう。スタッフが欲しい・・・
 

明王寺桜演奏

 投稿者:toga  投稿日:2018年 3月25日(日)18時03分57秒
返信・引用
  昨年は花のない蕾の寒い桜まつりの舞台だったが、今日の明王寺は7分咲きだが温かい陽気で観客も集まった舞台だった。けれど会のメンバーがいなく、経験の少ないカルチャー講座の生徒さん3名と自分の4名での参加。さらにリハーサルする控室も舞台前のお堂の中で、音合わせも十分に出来ずじまいの本番へ。質の高い演奏は到底無理なので参加者の経験として練習への意欲になればいいと舞台をお借りする気で取り組むことにする。まだまだだけど弾けそうな7曲は一緒に弾くことにする。結果は予想通りの揃った演奏には程遠かったが、寛容なお客さんの表情に後押し助けられてどうにか20分を舞台を務めることが出来た。

 

親子岩窟めぐり

 投稿者:toga  投稿日:2018年 3月25日(日)16時48分43秒
返信・引用 編集済
  24日子供クライミングメンバーのNさん家族で津乃峯岩窟ハイク。昨年の同イベントではS君が風邪で参加出来なかったのが残念にしていたので今年の実施となる。晴天だけど暑いほどで昨年参加したお姉ちゃんのMちゃんの先導で行く。今回は時間にゆとりがあったので前回パスした家具の窟も行ったが前日までの雨で入口は水が深く溜まっていて断念。代わりに鏡の窟は二つある穴を両方に入る。
子供たちが楽しみにしていたコウモリもいて大喜び。1月に全くいなかった大ゲジは少なからず所々に現れていて悲鳴も。気温が低いとどこかで隠れてじっとしているのかもしれない。陣が丸には11時前に着いて昼食。今回は人数も少ないので野菜ラーメンをする。山頂へはしんどそうだったので登らず下山。途中のポイントでターザン遊びに喜び、登山道から外れてフィールド探検する。けれど途中でMちゃんが捕まった木が折れてバランス崩し頭からゴロリと転倒する。ヘルメットしていたので大事には至らなかったが、道のないフィールド歩行は危険予知できない子供たちにとっては予想以上に危険なトラップがあることをビシッと教えられた。
 

レンタル掲示板
/70