teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


子供クラに投扇興

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月21日(金)17時59分8秒
返信・引用
  大寒波とオミクロン感染拡大、深夜の津波避難勧告、そして蔓延防止拡大・・ 正月明けてまたも暗雲がきた。そして自分自身の山行したいモチベーションが落ちて来た。朝起きてHPの更新作業をして昼は外食して午後からHP作業と三味線練習・・といっても作業に目標も薄く張合いのない日々になってきた。そんな時に昨日の子供クライミング教室で残り時間に投扇興をすると子供も母も皆活き活きして取り組めた。また次もしたいとリフレッシュした教室だった。  
 

新年初の石門ロック

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月17日(月)11時17分6秒
返信・引用
  16日、冬型気圧が緩み、好天風なしのクライミング日和。Y君の紹介で1名ロック体験講習と石門メンバー2名での練習参加。Nさん(女性)は毎週山に出かけるほどの元気な山好女子で、岩場や高い所好きな希少な人だった。僕はNさんとS&Y君の2本ロープで行う。第1ステージのクライムアップも臆せずグイグイいけクライムダウンも慎重にスムーズだった。第2ステージクライムの後で懸垂下降となるが、崖を背にする時に初めてしゃがんで怖がる。無事に地について昼食で一息。午後からは1本登って岩稜縦走する。ここではメンバーと変わらないこなしでついて素質ありと感じるほどだった。最後のメニューの懸垂下降では僕が先に降りて写真を撮ることにしたが、下降準備のセットが適正に行われていなかった。S&Y君が上にいるので大丈夫だろうと任せたつもりだったがY君自身がそのセット方法を覚えていなかった。結果的にはそのまま降りれたのだが、、自分が最後まで彼女についてサポートすべきだった。
 

がっかりから上向きに

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月16日(日)00時25分29秒
返信・引用
  2日の正月山行でパンクしたデリカのタイヤが昨日入荷交換して高い修理代になった。8~10日の神社祭礼役が終わり、三味線舞台も大きな失敗もなく、昨日は三味線教室の体験希望があり、明日のロック体験講習で天気は晴れ予報。正月に沈んだ分少し上向きになってきた。 金曜の子供クライミング教室は新年につき後半投扇興をする。お母さんも一緒になってわりと盛り上がった。
 

久しぶりの演奏舞台

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月10日(月)23時18分27秒
返信・引用
  1.10AM10時アステイ徳島に5人が集合。先だっての県観光協会さんのご依頼にて落語会の中入りでの30分弱の三味線演奏。鴨島と阿南のカルチャー講座受講者にて2名は三味線始めて間もないのに初舞台、しかも教室が違う初顔なので午前中しっかり広い控え室でリハーサル。普段殆んど練習しないベテラン組は2回やってこんなに弾いたのは初めてとぐったり。昼食が終わるころには開場して人がぼつぼつ入り始める。約30人強にお客の前にて5人並んで5曲ほど演奏。さくら、嘉瀬の奴踊、六段、りんご節とじょんから新節。練習よりも本番ではスピードが速くなることがあった。また今回はじょんからはソロにて弾いたのでよく練習したがやはり本番ではミスもあった。最後のりんご節は会場からも手拍子や歌声も出て一応無事に務めることが出来た。終了後の打ち上げも出来ず阿南へとんば帰りする。この日は神社の鏡餅を地域に配って集金するという役がある為。PM4時前に行き、餅配りは終わっていたが、集金出来なかった家12軒を引き受けて5時にひとりで廻る。2軒不在だったが一応集金の目途もつき、史上最も忙しかった年末年始がようやく一段落した。
 

祭礼の準備

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月 8日(土)22時25分40秒
返信・引用
  明日の蛭子神社の祭礼準備。注文していた鏡餅を引き取りに行き、午後から神社の幟を立て、横幕を張り、お供えものの飾りを4人で行う。具体的な方法は詳しい諸先輩がいるので自分はマニュアルをみて必要なものの手配や関係者への連絡をしている。1時間半ほどで準備終了。明日は朝、宮司がきて祭礼で、明後日は鏡餅の配布と集金。これが人手がいるだけに自分が行けないのが気にかかる。
帰って三味線の練習で日が暮れる。舞台は明後日で未だソロ演奏での準備が足りなく、こちらのほうが気にかかるのだが練習しかない。
 

パンク修理不可

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月 7日(金)00時27分15秒
返信・引用
  デリカのパンク修理に車屋に持って行くと、、トレッド部の穴が大きすぎて埋めが効かないとの事で修理不可という、。チューブを入れたらと聞くが新品タイヤ買うのとさほど変わらない費用になるとの事でタイヤ注文することになってしまう。傷口からして釘ではない鋭利な岩を踏んだように思われるがこんなパンクは初めてだった。  

プリンター購入

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月 6日(木)10時14分54秒
返信・引用
  3日 神社の年始飾り、お供えを撤収して8日からの蛭子神社祭礼の準備にかかる。
資料を作成しようとすると印刷機が作動しなくなる。復帰を試みるがだめのため、この際プリンターを購入しにK電気に買い物。するとプリンターが殆どなく納期1~2か月待ちというので
とりあえず店にあるものを購入する。A4タイプのコピー&印刷機。設定で無線LANとい項目があったのでやってみると、意外と簡単に出来た。USBコードを差し込みしなくても機械が作動する不思議な仕組みに「おおー」と小さい感動だった。
 

波乱の新年登山

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月 3日(月)22時06分13秒
返信・引用 編集済
  2日AM2時前ダッキーハウス出発。ハローズで朝昼食を購入に寄るがサンドもご飯類もなく、2軒目にコンビニに寄るがサンドがなくおにぎりも少ししかなく、サンドは諦める。朝のサンドは山行朝食でのルーテイーンだったが仕方ない。AM4時半頃木沢四季美谷温泉を越えて4~5キロ走ったところでタイヤに何か挟まったような異音がして停車するとシューと大きな音出しながら前タイヤの溝部分から空気を吹き出しあっという間にパンク。チェーンやスコップ、バッテリーコードは積んでいたものの、ジャッキは積んでいなくロードサービスに連絡。2時間半ほど待ってAM6:50に作業車が到着してスペアタイヤに交換。8時前にスーパー林道ゲート着、8:20出発。9:20槍戸登山口 昨年より初めての雪山で四苦八苦していたKさん今年は雪が少ないことと2度めの経験で息はあがりながらもついてきて12:27槍戸山着。 パンクトラブルがなければ一の森に行けたが今年も諦めて昼食。風もなく快晴のもと、ゆったり味噌汁つくってひるげを楽しむ。下山はKさんアイゼンつけて昨年よりスムーズに歩いて稜線最後のピークで寝転び休憩、、気分よく帰れると思ったが油断して、最後の分岐を十分に確認せずコンパスも降らずに降りていく。途中Y君がアイゼンを失くしたとの事で探しにいくと離れて待つ。北斜面で陽も落ち始めてやや焦りも出て谷を降りていくとY君からの指摘で進路を変更して17時にスーパー林道に降りる。登山口より400mほどオーバーランだった。それから急いで歩き18時に車に戻り帰り仕度しているとY君Kさんが到着、暗いので着替えせずに車に乗り込んで出発。途中車のハンドル上につけたお守りが突然きれて落ちるという不吉なことがあった。19:40もみじ川温泉に着。温泉には入れたが食事はラストオーバー前だったが出来なかった。仕方なく阿南の店で食べて10時半に到着解散。
今回は天気のいい山行だったが朝食が店になかった、パンクアクシデントで目的の一の森に行けなかった、ルートミスで帰りが遅れた、温泉での夕食が終わっていたなど予定外の波乱の多い正月登山だった。パンクの原因は仕方ないとしても車装備不備とルート確認ミスは気のゆるみでの結果、反省の新年戒め山行だった。けれど事故や怪我なくてよかった。
 

疲れ気味の新年スタート

 投稿者:toga  投稿日:2022年 1月 1日(土)20時33分48秒
返信・引用
  年末大晦日前から神社の年始、祭礼準備、橙の摘み取り、三味線の練習、登山準備で忙しく夜に年賀状版画に取り掛かり。年明けてAM2時に印刷終える。
元日朝は届いた年賀状の返事の宛名書きをして投函して半日終わり、午後から明日夜半に出発する登山準備にかかる。こんな忙しい年末年始自分史上初めてのことでオーバーワーク。夕方からはや疲れ気味で眠くなってきた。
 

神社年始準備

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月31日(金)02時49分25秒
返信・引用
  今年度の神社祭礼行事の運営役「當家」の仕事。朝8時、地元の2つの神社の年始準備作業。蛭子神社、鎮守神社の境内草抜きと神殿の掃除と飾りとお供え。連絡チラシを入れていたこともあり隣組のメンバーが殆ど皆(7~8軒)集まってくれて2時間ほどで蛭子神社と鎮守神社の迎春準備が完了した。次回は1月3日の飾り撤収と8~10日の祭礼だ。當家の役は覚悟がいるほど大変で時間を取られるが全くない地元の人とコミュニケーションがとれる機会にもなるので甲斐はある。終了後橙を収獲して近所に配る。
 

道下見

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月29日(水)23時13分28秒
返信・引用
  29日AM8時出発、正月山行の道路下見に木沢へ。四季美谷温泉越えても雪はまったくなく岩倉の分岐こえると積雪や凍結が所々あり落石も多くなる。AM10:30ゲート前の大ぼら橋手前で積雪10㎝。ここから予定の槍戸登山口のほうにスーパー林道を少し歩く積雪5㎝で異常なく戻ってほら貝ルートに少し入ってみる。こちらは急斜面をトラバース気味に入るので夜明け前の凍結ルートはkさんにはハイリスクでやはり予定の槍戸ルートだと実感。1時間ほどで車に戻って帰りの道路の落石を除きながら帰路へ。
 

岩窟潜りと岩登り

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月28日(火)12時18分6秒
返信・引用
  岩窟ハイキングにアウトドア紹介サイトを通じて徳島市内よりSさん親子2名予約あり、参加人数が少ないので子供クライミング会員さんに声かけるとMさん家族4名が参加されて津乃峯岩窟へ。子供3人と大人4人でちょうどいい人数。試しの窟で入り方の練習をして神明の窟では子供たちのテンションは一気にあがって6歳のH君もしっかりついてくる。超狭い胎動くぐりのルートは子供らは余裕で、大人は四苦八苦もがきながら通過。これぞ岩窟潜りの醍醐味を満喫。昨日は寒気で冷え込んだ為だろうコウモリがやたらと冬眠しているのでいい観察が出来た。続いてゆるぎ岩を皆で動かして願い事。そして温かい巾着の岩窟では光る鉱石に目を奪われる。家具、鏡の岩窟としっかり入り12時過ぎに陣が丸で昼食。寒い中だけに温かい味噌汁は美味だった。帰りは石段ルートからフィールドに入りNちゃんは大岩をボルダリングで登り切る。2組だと行動や会話がわかれることなく全員がいい交流が出来てとてもいい親子外イベントになった。
 

山歩き練習

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月26日(日)02時20分17秒
返信・引用
  新年2日の正月山行に参加されるKさんの練習歩きに鍛冶が峰へ。普段は山歩き殆んどされないだけに体力面と山での歩き方に不安がある為のトレーニング。AM10時に井関表参道ルートを1本目の登りで、歩幅が小さいことと、歩く時に音がすることが気になり修正していく。歩幅を大きくして踵から着地してつま先で蹴って足を前に出すのが効果的な歩き方。歩幅が小さいと数多く足を動かすようになるので靴底を擦り音がする。疲れやすい歩き方になる。そして落葉の濡れた下りでストックを使うと滑って前に転倒、幸い手首に擦り傷を負うだけで済んだが・・・転倒の原因は体の重心が高く前にストックを出して支えようとするため前傾になる、、。その為ストックは使わず膝を曲げて重心を落として歩くことを心がけるように勧めていく。まずは補助具は使わずにシンプルに体の使い方でバランスを保つように動かす練習がいいと思った。登り下りを2往復して頂上から阿南公園方面へ3/4往復して終了。よく頑張った。彼女は気力は充分あるので定期的に練習を重ねたらきっと上手く歩けるようになるだろう。
 

三味線演奏の型

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月20日(月)11時20分27秒
返信・引用
  今年最後の姫路出張練習。始めの個人レッスンではじょんから新節を見てもらう。今まではあいや節とよされ節をみてもらっていたが1月の演奏で弾くことを決めたので・・・楽器を出してすぐ先生の視線の前でいきなり弾くのはどぎまぎしてそれが演奏になり不安定な出だしだった。それが音になりミスになる。すると音だけでなく棹の指の当て方が不十分と指摘される。小指がしっかり棹の下に入っていないと。理にかなったものだがそれを気にすると益々スムーズに弾けなくなり手が止まってしまった。また撥と左手の動きが早くあっていないと・・更にうつむいた姿勢に力がないなど散々だった。目線は前をみて姿勢は堂々として大きく見せる・その型が美しく大きく見せるようだが、半分は納得できるが、半分はまるで動物が敵と対峙する時の威嚇のようにも聞こえる。演奏は格闘ではなく人に楽しんでもらう音の表現だと思う。小指の位置は会派や個人によって様々。けど会でいる以上は同じ手にしなければならないのだが。自分にとって楽しく演奏出来ることが一番ではないだろうか。
 

縦穴整備

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月18日(土)23時51分39秒
返信・引用
  3日の縦穴調査を経てO君と一緒に穴口の整備作業に行く。木杭を穴斜面の上側に4本ほど打ち込み石が動物や石が落ち込まないように倒木で入口のガードをする、その後は下に降りて塞がった岩を作業をするが、肝心のライトを忘れてしまい、O君のライトで照らしてハツリをする。最終的には通れる穴にするには石を割る必要がある。しまも穴が小さいの自然のままにして安全管理にする方向で。
 

寄席で三味線演奏

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月17日(金)10時25分49秒
返信・引用 編集済
  先日徳島県観光協会より電話がありつがるんに三味線のオファーを頂いた。1月10日開催の新春寄席(アステイ)での桂七福さんの落語の中入りで20分ほどの三味線演奏。つがるんメンバーコロナ禍で現在の練習メンバーは激減して舞台演奏には及ばないので、カルチャー受講メンバーさんに声かけて出演をお受けすることに。2年ぶりの演奏準備に気合いが入る。演奏時間は20分なので4~5曲選び、弾き方の見直しすると・・・「嘉瀬の奴踊り」の弾き方が現地動画とかなり違っているのに驚いた。会派によって同じ曲でも譜面は違うのが当たり前だが、実際に津軽で踊られている伴奏とは雰囲気が違いすぎる。・・・しかし今から4名の出演メンバーに訂正するには時間がないので今回は不本意だがしかたない。
 

津峯3往復

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月12日(日)23時43分34秒
返信・引用
  12日津峯トリプルバーチカルレースの運営協力にてスタッフ参加。トリプルバーチカルの意味は・・登りばかり続く3つコース。 津峯山頂に上がる3つの参道ルート?表参道(津乃峰町)、?裏参道(長生)、③三谷道(見能林) AM9時より参加者全員が表参道コースを走り、午後からトリプルコースメンバーが?と③を走る。参加者60名強が津乃峰スカイライン駐車場に集合して開会式後に麓のスタートに歩いて降りてタイムスタートしていく。自分の役割はスタート時の盛り上げとコース指示のテープを撤収しながら登る。結果的には3コースを往復することになる10分をきるトップ選手のタイムには唖然とする別次元の人たちだった。自分は30分くらいかかるが初めての3往復にもばてることなく役割が出来たのもそんな選手たちの走る環境を間近で見れたおかげ。いい経験と刺激になった。 また会場を提供してくれた津乃峰観光さんとも面識が出来たのも収穫だった。スカイラインを車で久しぶりに走ったが紅葉が盛りでとても綺麗だったのも再認識させてもらった。
 

津峯岩

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月11日(土)22時59分57秒
返信・引用
  明日の津峯登山競走での足慣らしに長生からの裏参道ルートの試し歩き。歩き始めのひょうたん池の紅葉が盛り。山頂着いて折り返しに以前から気になっていた岩を目指して山道から入る。10分ほどで目当ての岩に着く。すると初めて見た西側の展望に感動。遠くに石門岩とひょうたん池も見えて「おおー」と。岩場には黒い糞がいっぱいあり、タヌキのため糞かなと。またここの附近は古い赤テープがあり昔に岩越えルートにしていたみたいだった。いい発見だった。
 

燻製ランチ会とお茶

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月10日(金)09時26分3秒
返信・引用
  前回来てくれたTさんらと同じ講座メンバーの女性3名の燻製会。家事ベテランの方ばかりなので炊飯、茹で卵、サラダなど手早く、先に燻製器などの洗い物の片付けして11時にいただきますとなる。今回は食後のプログラムをお茶にして炭いれをして2年ぶりに炉で湯を沸かしておく。お点前は適当に省略してお茶とお菓子を楽しんでもらう。皆さん茶室に入るという普段にないことに特別感があって満喫してもらった。床の間に飾った三味線の話も出てのせられてつい弾いてしまう。PM1:30すぎにおひらきとなる。温かい気候で好日だった。
 

お茶の練習

 投稿者:toga  投稿日:2021年12月 8日(水)09時51分39秒
返信・引用
  9日の燻製づくり昼食会のお接待に茶室を使うことに。コロナ禍で2年ほど使ってなかった釜や道具を出してで湯を沸かしお点前の練習してみるが殆んど忘れていて人前で見せるほどには至らず。ならば「喫茶去」の意味を重視して、茶筅でお茶を点ててお菓子と会話を楽しむことにすればいいかと。
 

レンタル掲示板
/102