teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


若杉山縦走

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月25日(火)09時43分19秒
返信・引用
  24日子供クライミング水曜班2家族での洞窟探訪ハイキングの予定だったがAさんのK君がインフルになったことで不参加となり、Bさん家族も1家族だけではということでキャンセルとなった。3月限定の野外計画で天気も晴れだったので1家族だけでも実施したかったが仕方ない・・・。切り替えてスタッフ参加のM君とふたりで若杉山の坑道口探しと縦走路調査に行く。市から頂いた資料の地図見て上にあがりながら露出した岩盤をみていくが二人で分けて探すが探しきれず。90分ほどで稜線に上がってピークから見る那賀川にM君も満足の声。軽食後稜線上を下りていく。人が歩いた様子もないが、藪もない杉山を快適に行き、1時間ほどで水井橋近くの道路に降りる。坑道は見つからなかったが若杉山歩きのハイキングコースになりうる良いデータがとれた。
 
 

合同練習

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月25日(火)00時37分0秒
返信・引用
  2月23日姫路出張 藤秋会40周年の大会前練習として姫路で3つの会の合同練習。全員で20人以上集まる。家元の到着が遅れるとのことで全員で合奏練習するが・・・いまいち合ってないない感があったが、家元が来られてからは音が合ってきた実感がした。それでも舞台ではスピードが速くなると言われていた。自分も数年前での会の集団演奏はいつも早くなる傾向があり、たった7~8人でも合わすのは難しかった。音の違いは自分でも気づきやすいが、速さは気づきにくく、コントロールする練習はやりにくい。青森では基礎は撥づけ3年といって右手の撥うちを3年しないと曲には進めないのが昔からの習わし。けれど実際の教室でそれだと生徒はやめてしまうので曲をする。でことは強い人が速くなりやすかった。
 

隣りの剪定

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月20日(木)09時06分37秒
返信・引用
  隣地のビワの木を10年ぶりぐらいに剪定。以前のから伸びた1m強をバッサリ切ってスッキリ。おかげで事務所の中も眩しいくらい明るくなった。しかし無理くりにねじった為にハサミ刃がこぼれて、柄も折れてしまった。その為新品を注文することに。
 

若杉山からの那賀川

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月19日(水)10時15分34秒
返信・引用
  18日あまりにいい天気なのでうずうずして昼前に出かける、市役所から頂いた若杉山の資料を元にる東屋から真上に上がっていく。途中露出した大きな石化岩が2ヶ所ほどあり細かく見てみるが穴はなし。45分ほどで稜線に出るが上のほうにもらしきものは見当たらず腹がすいたので見晴らせる所まで行くとぐるりと回った那賀川がよく見えて感動。木があって展望はイマイチだがここからの景色は素晴らしかった。弁当食べ終えて降りて下の穴のちょっと観察して一昨日の雨で岩は濡れていた10分ほど潜っただけだがドロドロ。石灰岩は中は面白いがよく汚れる。
 

2時間作業を

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月16日(日)09時40分27秒
返信・引用
  雨上りだけれど曇天の土曜。午前はHPの更新作業して午後から気分転換に2時間ほど肉体作業。地面を覆う切り枝のざく切りと、突き出た切り株を鋏で刈りこみ。長時間はしんどいので出来る時にコツコツとやっていくしかない。
 

連絡不可

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月14日(金)00時52分39秒
返信・引用
  昨年12月に市役所環境保全課に問い合わせしていた隣地の所有者への連絡の件。担当の方が現場の写真を撮って法務局で調べた所有者と思われる住所が2件あり、通知連絡したが双方とも住所不定で戻ってきたとの事だった。固定資産税を払っていると思われるのだが税務課のほうから連絡は出来ないし住所も調べられないとの事で連絡は不可となった。あとはその隣にある屋敷の持ち主のIさんに聞いてみることにする。  

ローラー塗装と整地

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月11日(火)22時32分37秒
返信・引用
  午前は入口門の元の枕木を塗装する。昨日は刷毛を使うが凹凸が大きいのでスムーズに濡れなかったのでスプレーとローラーを買ってきてみる。スプレーは手軽だが色づきが薄く噴霧が拡散して被るので良くないのでローラーはしっかりと早く濃く塗れた。
午後は隣地の開墾にて立ち木まわりを片付ける。瓦は掘りおこして端にまとめ、割れガラスは入念に掘りならして細かいものまで集めて埋める。
 

超狭潜入

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月10日(月)01時53分7秒
返信・引用
  M君と洞窟調査。前回は装備なかったので入口少し覗いただけだったのできょうは朝から準備万端で臨む。入り口から奥に入る狭い難所を越えてここまでかなと休んでいると、M君がきて先に進み更に小さな奥に入って見えなくなりとうとう別の出口に。僕は一旦出て彼の元へ行き逆から入ってみる。高低差は2mぐらいだがとにかく狭いので腰のベルトやヘルメットの厚みが引っかかったりで、入り方も片手伸ばしでないと上手くいかないなど狭所進入の学びを頂いた。だらけ規模の小さいながらちゃんと鍾乳石で長さにすれば15m弱のようだが、枝穴多く上下に一杯いっぱいの狭さなのでインパクトあり別の場所に出るのが面白い。頭から脚まで泥だらけとなるので着替えが必要。動物はスズムシのようなおとなしい昆虫だけなのでクセなく純粋に楽しめる。
 

門塗装

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月10日(月)01時23分13秒
返信・引用
  8日DHのゲートを塗装メンテ。初塗りから2年7ヶ月ぶりなので塗り替えにはちょうどいい時期だった。内側の絵は石門と那賀川、剣山を終えてほぼ1日、、ついでに柱元の飾りホールドもお色直し。
 

Yさんのお接待

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月 6日(木)00時33分33秒
返信・引用
  先日伺ったサファリのYさんが昨夜ダッキーハウスで宿泊。県南へレスキュー講習出張の帰りに遊びに寄ってくれて、きょう午前中石門へロッククラして午後は那賀町へ。天気もよくロックは初めてでその面白さが少しわかったと聞いてちょっと嬉しい気分。鷲敷ではリバーレスキュー講習のゲレンデや施設の調査目的で鷲の里、キャンプ場、役場等案内。4月以降に新たな活動スタイルに転換されるYさんに微力でも応援出来ることがあればと思う。
 

藤棚塗装2

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月 3日(月)02時11分14秒
返信・引用
  塗装2日めはふじ棚内の梁と柱をして3日めはデッキ部。根太が通る床の溝に溜まった土を木で耳かきのようにほじる。土といっても落ちた花や葉の腐葉土でしっかりと溜まっていて、1時間弱で取り除いて床を乾拭きして塗装。午後は塀のラテイスを塗装してPM3時に終了。
 

藤棚塗装

 投稿者:toga  投稿日:2020年 2月 1日(土)00時39分3秒
返信・引用
  朝9時から塗装にかかる。バーコラの上から蔓の絡む隙間を縫うように刷毛を振っていくが花芽を折らないように気を使うがそれでもいくつか落としたりする。3時までかかっても上部しか塗れず、柱から下は翌日に持ち越し。

夕方以降は子供クラのA、B班ともクライミングは少しにして新年会としておやつとゲームを行う。日頃のクライミング教室とは違って自由で生き生きと子供らが笑い走る姿に光景に、あそび蔵らしいい光景だった。
 

塗装準備

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月30日(木)21時28分32秒
返信・引用
  すっかり春模様の青空に少しばかり膨らみかえた冬芽にせかされて塗装の準備をすることに。雑巾しぼって脚立を上り柱や梁をゴシゴシ拭き掃除をやりつつ、朽ちた枝を落としながら1時間半ほどで完了。明日は塗装。
 

袴の着付け

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月30日(木)10時14分12秒
返信・引用
  藤秋会40周年の舞台衣装の準備にて袴を購入。会指定のものは正絹で高価(10万ほど)するとの事なので、化繊で同じ色あいのものをネットで探して注文。色は璃寛茶というウグイス色に近い黄土色。生地はポリエステルとレーヨン地でそれでも19,000円だった。昨日その着付けをお茶の先生のお友達のTさんに教えて頂いた。けれど簡単に思っていたのが着物の着付けと同じで自分だけではなかなか出来ないと実感。紋付、角帯、足袋はあるけど長襦袢が必要だった。
 

池田へ

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月29日(水)01時28分4秒
返信・引用 編集済
  三味線の講座で鴨島に行くついでに池田まで足を伸ばす。ラフテイング会社サファリ代表の矢野さんが3月で会社を閉め、故郷に帰られるとのとの事でお会いしたくて訪問。矢野さんには初めて挑むダッキーの小歩危チャレンジをサポートして頂き、激流の漕ぎ方やリスクを教えて頂いた。また山渓出版の全国川地図の出版での那賀川原稿の担当をご依頼頂き、ホームゲレンデの那賀川をより深く知ることが出来た川の恩人。会社を興して18年吉野川ラフテイングの普及の傍ら地元漁協との協議を進め融和を図り2年前のラフテイング世界大会で優勝した地元チーム(リバーフェース)の支援に尽力された。若いガイドも育てられ「ここでの自分の役割は終えたので・・・」と言われていた。会社は締められるが若い人が機材を引き継いでいくとの事。お疲れさまでした。  

石門体験講習

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月26日(日)01時52分53秒
返信・引用
  2~3日前は雨模様だったが、運よく土曜は曇りとなり岡山からの男性1名のロック体験講習が出来るようになった。Oさんはマラソン歴も4~5年との事で健康診断で中性脂肪が高い為、マラソンを始められて4~5年との事でトレランは1年くらいとの事。クライミングも初めてで室内で簡単に登り方を講習して現場へ。午前は第1ゲレンデで登り下り1本。子供の頃からも登るというあそび経験がなく、恐る恐るゆっくりながらも出来て、午後はAコースを登って岩稜トレックへ。そこも全部完了でき最後に懸垂下降で降りる。普段できない体験で満足とのことでよかった。明日のレースでの健闘を願いまたお会い出来るのを楽しみ。
 

岩場の整備と練習

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月24日(金)14時01分51秒
返信・引用
  明日はロック体験講習に岡山から1名の予約の準備。日曜に開催される千羽海崖でのトレラン大会に参加目的で日和佐に来られる際での体験とのことだった。そんな経緯もあり、主管のクーランマランさんの協力で僕もコースの誘導員スタッフで援助させてもらうことになった。

さて一昨日の石門でのロックロケで気になっていた岩場ルートの蔦や枝木、支点周りなどの整備をしながら稜線へ登る。ロケでは岩稜歩きは出来なかったので明日の演習を兼ねてひと回りする。岩場に行くと新たなコース取りの発見や、プランのアイデアが湧いてきて楽しい。どうやら根っからの岩好きになりそうだ。ロープでの確保の練習は必修だが、最近は確保をしなくても身体の細かい使い方で安全に登り下りする方法や技術をまとめていきたいと思う。
 

石門ロックロケ

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月23日(木)00時58分33秒
返信・引用 編集済
  朝7時すぎからケーブルTVあなんさんの撮影。阿南に埋もれる財宝の探険隊2名がダッキーハウス(DH)に着いたという設定で各部屋の紹介を面白おかしくやった後に石門の岩山に目指す宝があると知りロッククライミングにレッツゴー!。出演者は県内を中心に活動されている芸人、俳優さんと撮影スタッフ4名、カメラは定点遠景とハンデイ2にドローンを加えて大掛かりで凝っていた。仲間のH君の協力でロケ終了の予定時間に完了できた。昼休憩する間もなく長かったが楽しいロケだった。帰ってホッと一息つく間もなく、子供クライミングに三味線レッスンにと忙しい1日だった。
 

バタバタの1日

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月22日(水)00時52分15秒
返信・引用
  朝9時今週末のトレランイベントの運営の打ち合わせで日和佐へ。時々お客を紹介頂いて世話になっているクーランマランの杉本さんの間際の電話依頼あり、特に予定も入っていないので協力させてもらう。役割は選手へのコース誘導スタッフ要員(5人)のマネージメント係り・・ゴール手前の町内5ヶ所にひとりづつ配置してサポートするとの事で走れない自分でも出来そうだ。

打合せ帰りに石門ロックの駐車位置の道端での草木の刈りこみして、明日のロック取材の最終確認でケーブルTVさんへ。帰宅後DHの掃除かたづけをしていると、保険加入の件で気になることを思い出して、バタバタと先方と保険業者に電話をかけて確認。色々あったが結局は参加者のみ保険対象になるとのことで一安心。明日は安全第一で油断大敵。
 

友の体調不良

 投稿者:toga  投稿日:2020年 1月21日(火)02時17分55秒
返信・引用
  20日 近所の同級生でよく会うN君から缶ビールをもらう。彼は最近甲状腺機能低下という症状との事でびっくりした。以前は好んでいたビールも今は飲みたくないという。疲れやすく、倦怠感と時々歩行時のバランスを崩すという。原因は不明で今は通院と薬の治療。あの元気だった彼が調子をくずしているのは他人事ではない。今の自分は体調よいのでやりたいことは当たり前に出来ている。これが永遠ではなくいつ自分がそうなってもおかしくないことを認識して日々を感謝して生きなければと思う。  

レンタル掲示板
/83