teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:126/164 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カナダで開発されたCOPM

 投稿者:吉川ひろみメール  投稿日:2007年 5月16日(水)10時08分39秒
  通報
  COPMはカナダのOTたちが作りました。なぜカナダかという問いには答えられませんが、COPMの開発経緯はマニュアルに書いてあるので知っています。OTの成果を示すよい評価法が他になかったので作ったそうです。その前には、OTとは何か、OTの成果とは何か、という問いについて議論して結論をまとめました。OTの目標は、クライエントが、自分に必要な(意味のある)作業ができるようになることだ。OTの成果とは、その目標が達成した(自分に必要な作業がうまくできて、それに満足だ)とクライエントが認めることだ。という立場からCOPMを作ったのでした。「作業療法の視点」には、カナダの多民族性、高齢化、貧困、失業、当事者の権利に関する主張などカナダの社会背景が解説されています。また作業科学を代表とする世界の作業療法における作業に関する知識の増加も説明されています。作業療法とは何かを世の中に対して明確に示し、作業療法の効果を数値化する必要性あったものと思われます。  
 
》記事一覧表示

新着順:126/164 《前のページ | 次のページ》
/164