teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


さくまま様

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年10月 6日(木)12時36分8秒
返信・引用
  お返事ありがとうございます

今日は伺えないので
来週伺わせて頂きます。
よろしくお願いします!
 
 

☆しょうた様☆ゆき様☆

 投稿者:さくまま  投稿日:2016年10月 6日(木)12時16分42秒
返信・引用
  こんにちは
投稿ありがとうございます。

今日もいつも通り定例会やってます。

見学は自由ですので、東部公民館3Fへお越しください。

おまちしてま~す。

さくまま
 

(無題)

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年10月 6日(木)11時24分16秒
返信・引用
  こんにちは。初めまして

手話は全然分からないのですが、手話に興味があります。
1度見学に伺いたいのですが、大丈夫でしょうか?


 

はじめまして

 投稿者:しょうた  投稿日:2016年10月 6日(木)11時22分46秒
返信・引用
  職務上手話が必要になるときがあることや、手話に興味があり見学させていただいてもよろしいでしょうか?  

Re:昨日の講演会

 投稿者:川久保  投稿日:2016年 9月30日(金)22時55分55秒
返信・引用
  民法11条がやっと改正されるまで実に半世紀も経っているのは、法律そのものが聴者の視点(強者の論理)で作られているからです。
簡単に言うと、本人がもし財産をだまし取られたり潰されたりしたら、11条を盾に契約を無効にしたり現状回復もできるのだから、むしろろう者を守ることになりはしないか、つまり善意で作った法律なのになんで反対するのか!と法律家はそういうわけです。
当然、自分たちの人権を縛っているものだというろう者の視点と合いません。噛み合いもしません。
民法11条は本来金銭や土地習得などに伴う経済行為を制限するものなのに、他の事例に誤って利用されるのが問題です。自由結婚を拒否するために家族が本人を準禁治産者と偽ったり、子供ができないようにしたりという例が珍しくありませんでした。
因みに、私でも駐車場を借りる時に不動産屋は分厚い六法をひもときながら、「君は準禁治産者だから契約できない」と言われて目を白黒したことあります。逆に条文を指指しながら、「宣告はされていないけど」と言ってやったら先方は何も言って来ませんでした。
とにかくとして、民法11条が改正されてよかったのですが、その分ろう者は自立して行かないとダメだということになりました。
 

Re: さくくま 様

 投稿者:さくまま  投稿日:2016年 9月30日(金)11時00分9秒
返信・引用
  > No.297[元記事へ]

るりなさんへのお返事です。

はい。
大丈夫ですよ。
いつでも、みんな暖かく迎えてくれますから
安心して、気軽に来てくださいね。(^^

来週は、情報を持ち寄ろうです。

あ!でもでも、
初心者の方は、初心者グループでやりましょうね。

そのほうがいいよね(^^

> すみません、
> 本日見学に伺おうとしていたのですが、
> 家の都合でどうしても急遽行けなくなってしまい、
> また、改めて来週見学に伺いたいと思っております。
> すみませんが、よろしくお願いいまします。
 

Re: 昨日の講演会

 投稿者:さくまま  投稿日:2016年 9月30日(金)10時55分28秒
返信・引用
  > No.298[元記事へ]

川久保さんへのお返事です。

> 昨日に聴いた松野さんの講演会は良かったですね。

本当に、良かったです。第2弾、3弾とお願いしたいですね。

> ただひとつだけ、昔かじった事がある民法11条について補足説明を。
> 私たちが民法11条の撤廃を強く求めたのは、責任無能力者として準禁治産者を裁判所から宣告されると、もう死ぬまで取り消す事が出来なくなるからです。
> ろう者と同列に扱われているアル中とか浪費家はその病気が治れば、準禁治産者の宣告を取り消すことができるが、聴覚障害の事由は治る訳ないから、いったん準禁治産者を宣告されると一生そのままです。
> だから、ろう者にとって民法11条はとんでもない悪法だったのです。

本当にとんでもない差別法でした。
病気ではないのですから、聞こえないというだけで何もかも権利を奪われていたのですから。
でも、そのことを知らない方が多いと思います。
私も、通訳の勉強をしていなければ知ろうとしなかったかもしれません。(反省)


医師・薬剤師・運転免許もそうですが、
欠格条項(障害などの理由で一律に資格や免許を与えないこと)
のために夢が閉ざされることがどれほどのことか。。。
現在は本人の能力がその業務に適合するのかを判断することが重要になってきたとのことですが、
まだまだ壁はありますよね。
そのことを、知らない人、知る機会のない人が大半だと思います。
どんどん発信して、広く社会に周知してもらうことも運動のひとつですよね。

こんど、川久保さんにもろう運動や歴史に関する講演をお願いしたいです。(^^

よろしくお願いいたしま~す。



 

昨日の講演会

 投稿者:川久保  投稿日:2016年 9月30日(金)08時21分26秒
返信・引用
  昨日に聴いた松野さんの講演会は良かったですね。
ただひとつだけ、昔かじった事がある民法11条について補足説明を。
私たちが民法11条の撤廃を強く求めたのは、責任無能力者として準禁治産者を裁判所から宣告されると、もう死ぬまで取り消す事が出来なくなるからです。
ろう者と同列に扱われているアル中とか浪費家はその病気が治れば、準禁治産者の宣告を取り消すことができるが、聴覚障害の事由は治る訳ないから、いったん準禁治産者を宣告されると一生そのままです。
だから、ろう者にとって民法11条はとんでもない悪法だったのです。
 

さくくま 様

 投稿者:るりな  投稿日:2016年 9月29日(木)14時37分1秒
返信・引用
  すみません、
本日見学に伺おうとしていたのですが、
家の都合でどうしても急遽行けなくなってしまい、
また、改めて来週見学に伺いたいと思っております。
すみませんが、よろしくお願いいまします。
 

ありがとうございます

 投稿者:suzuki  投稿日:2016年 9月27日(火)19時57分32秒
返信・引用
  9/29は、水野松太郎さんの講演にぜひ
参加したいと思っています!
よろしくお願いします!
 

レンタル掲示板
/35