teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ロックで年賀状挨拶

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月24日(土)23時09分43秒
返信・引用
  久しぶりにSさんより急遽電話連絡ありロックの体験スクール。高所恐怖があるとの彼だが、年賀状印刷にインパクトある画を撮りたいとの軽いノリだったので、リクエストにお答えしてクライムアップとダウンをして新設定の稜線縦走を行う。これは彼の人生で一番のスリルだったらしく、始めはひいていた腰もだんだんと伸びて慣れてきた。ミニ岩窟のチムニー越えもこなして緊張の表情から楽しいという声に変わった。目的の画像も撮れてダッキーハウスに戻って鍋で夕食乾杯。
 
 

3人で岩窟ハイク

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月24日(土)21時58分41秒
返信・引用
  23日はカラリと晴れての岩窟巡りハイク。大阪から男女2名のご参加で歩き出すと手をつなぐアツアツぶりが気になったが・・、岩窟の潜入になると二人とも興味津々で「凄いなあ、面白い・・」とノリノリの笑顔になった。その様子に自分も嬉しくなり、通常は入らない奥の枝穴や、クライミングルートに案内。女性もコウモリや大ゲジにも嫌がることなくおちついて観察していた。歴史にも堪能で山頂下の陣が丸の長曾我部氏の陰謀の説明した看板など熱心に読んでいた。昼食の味噌汁サービスも喜んでくれてまた夏には是非と満足して頂いたようすだった。
 

新年山行準備2、3

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月20日(火)01時02分14秒
返信・引用
  土曜はM君とほら貝ルートの剣山を登る予定だったが、痛恨のポカでルート見落としてどんどん進み、次郎笈方面の沢に入ってしまい2時間ものタイムロス。その為ほら貝滝で昼食して稜線に乗って少しで下山となる。M君をがっかりさせてしまい申し訳ない情けない結果で、収まらず翌日も山に。

AM6時半にスーパー林道入り口の封鎖ゲートに着き、7時に登山開始。ほら貝滝の手前の地蔵岩をチェックでき8時半に滝到着。下るのはもったいないと大岩をトラバースするが逆にもたついて稜線にのる。南つるぎはシカが多く10頭以上しかも雄も多く見た。稜線の積雪は10~20㎝だったが、なかなかの遠さでようやくの山頂手前から膝までのラッセルになって11時に山頂着。
微妙な時間だったが、一の森への踏み跡もあり縦走へ。サクサク11時40分に山頂着いて槍戸方面に延びるお気に入りのピークで昼食ラーメン。ところが箸を忘れたようで周りを探すと小さいサクラがあったので少し枝を頂いて箸にする。12:40分一の森を発ち13:15槍戸山からすぐ下のロープ急場を慎重に越えて登山口のスーパー林道へ。左に廻りこむ登山口ルートを少しショートカットしたおかげで岩にしがみついて14時林道に降りる。そこから30分の林道歩きにて15:30無事に車置いたゲートに戻る。帰りにいくつかある橋の名と距離を記録しながら走るが眠くてガードレールに接近することもあった。とにかく疲れたがいい収獲だった。本番の新年は天候と積雪量が実施のポイントになるので年末に道路下見と下山口ルートを確認して準備は完了に。
 

親子ハイキング2

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月12日(月)09時10分2秒
返信・引用
  10日は子供クライミング金曜会の鍛冶ヶ峰ハイキング。天気はまあまあだったが冬の風が強くじっとしていたら寒いくらい。参加者は子供5、大人3の8名にて津の峯橋からの石門ルート。ちょうど里山の紅葉がいい頃で木々の色を見ながら登山口へ。最年少6歳のH君の明るい声がずっと続き、最年長中1のSちゃんが弟たちの奔放な動きに注意の声かけしながら皆へこたれることなく1時間半で山頂に着く。今回は豚汁をつくる。子供たちやお父さんも積極的に手伝ってくれて10分ほどでできたが水煮里芋を焚く時間が少なすぎて中身が生で失敗の巻だった。それでも芋意外はおいしそうにすすってくれた。下りは小さい子らはよく尻もちついていたが徐々に慣れてきて滑らずに下れるようになってきた。14時10分に下山して車回送して終了となった。雪山あそびに向けてのいい経験として手応えがありよかった。
 

コンパネを落としてしまい

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月 8日(木)21時28分38秒
返信・引用
  きょうはパネルを2枚天井に貼ることが出来た。けれど2枚目を担いで上がった時に誤ってコンパネをマットに落としてしまう。角から落下したためパネルは割れなかったがカーペットに穴があいてしまった。がっくりきたが怪我せずにすんでよかった。まあとりあえず最上部の1列が貼れた。
 

新年剣山行準備

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月 4日(日)13時58分39秒
返信・引用
  来年の剣山行の準備のコース検討にほら貝~槍戸山にK君と行く。AM6時半に出発して閉鎖している9時スーパー林道入り口に車を置き、ほら貝ルートへ。トラバースが続くルートが気になりながら10時にほら貝の滝に着く。それから槍戸山の西尾根に向かって登るが結構急斜面で11時30分に稜線に出る。それから30分登りで12時に槍戸に着くがかなりきつかった。けれど天気景色も最高で温かくいい気分だった。そこから通常のルートと違うショートカットを下山するが山に慣れていないK君にとってはかなり緊張したようでスリルを求めて彼にとってはいい経験になったようだ。自分は運動不足もあり、足がつりそうになったが昼食のラーメンがきいたのか痛みは治まった。かなり急斜面を降りたが時間も予定通りで車位置のぴったしで林道に出て嬉しかった。ただ最後丸太橋の根本が腐っていてあわや落ちかけるところだった。K君は渡らずに下から巻いたのが正解。
けれど再度ルート検討が必要で積雪したらこのルートはリスクが高い。トレーニングとしては楽しい山行だった。
 

ピース貼り

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月 1日(木)01時14分22秒
返信・引用
  垂壁パネルの天井部の側面の二つのピースを埋める作業。下地の木枠を切ってあわせてネジ止め、ピースに仕えるコンパネ端材を引っ張り出して型紙を作って板に写して切る。なので二つのピースの色が違うのは仕方ない。収まりいいようにカンナやペーパーで削って、爪付ボルトを取り付けてインパクトでネジ止めして完了。たったこの部分だけなのにまる1日かかってしまった。
 

疥癬症

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月30日(水)08時40分1秒
返信・引用 編集済
  8月末から体の片側の胴の部分の毛が抜け始めたタヌキが11月下旬にはこんなになってしまった。目にも元気がなく、体は震えている。疥癬(かいせん)症というがダニが寄生して最後は死んでしまうこともあるという。野生のタヌキにはよくあることらしいがこんなに抜けてしまったのは今年が初めて‥。原因を調べてみよう。また半分飼っている猫もよく通るので気をつけなければ。
 

自然観察指導員講習

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月28日(月)02時18分45秒
返信・引用
  日本自然保護協会主催の講習が土日に牟岐少年自然の家であったので急遽参加する。この講習会が県内で行われるのは少なく遠くは九州、中国地方からの参加者ら30人が参加。講義が眠れず聞けるか不安だったが、講師の方の話の進め方もよろしく興味をもって聞けた。1日めは天気よかったが、きょうは終日の雨で実習は小グループで全員5分の指導実習をして楽しかった。ただ会場の規定厳しく飲酒は禁止で10時消灯の為懇親会は1時間程の茶話会だった。
また懸念していたタヌキの餌やりを講師の先生に相談するとやはりNG行為と言われた。野生のタヌキの暮らしにとって重要な問題の「食」で干渉してくる行為が彼らの暮らしにいい影響を与えなくなり野生動物の保護にはならないとの事。とても残念だが今後じょじょに少なくしてやめていく方こうに。
 

財布が戻って晴ればれ

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月24日(木)23時50分11秒
返信・引用
  昨日の山行行事で夕方財布がないのに気づき、朝弁当を購入した店や、集合、車置いた土手など全部探したがなかった。今朝もう一度探しに出て、やっぱりあの店しかないと再度寄って聞くと・・・1件預かっていますと・・諦めかけていた財布が戻ってきた。超ラッキーでとても嬉しい。この財布は今まで3回無くしたが全部そのままで戻ってきた。財布だけにエンがあるようです。天気とともに気分も快晴に。
 

子供クライミング会の山行

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月24日(木)10時07分6秒
返信・引用
  今秋9月から月2回ペースで活動を始めた子供クライミング月曜会の山行イベント。5~11歳の子供たち5名とお母さんの全員で9名の鍛冶が峰ハイキング。初めてなので低リスクの表参道の簡易舗装ルートを検討したが試行として石門ルートにする。10時過ぎに津の峯橋を出発して12時山頂着。上で味噌汁沸かして昼食。曇天で風も強かったので休憩は早々にたち午後2時すぎに下山。子供たちは皆元気に楽しそうだったが、お母さん方は疲れ気味・・天気が良くなくて残念だったが皆元気に歩けたことで雪山遊びの実現も可能になった。
 

ロックトレッキング誕生

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月21日(月)16時51分20秒
返信・引用 編集済
  今秋のロッククライミング体験の予約が雨で中断やプログラム変更で消化不良に終わることが2件続いた・・ので今度の受付では雨天中止の予備日を設定させてもらうことにした。19日が雨天の時は翌20日にて了承してくれた・・・。天気予報では前日夜から雨との事だったので実施日を20日に変更する。結果20日はいいコンデションで実施できた。

これまではトップとリードによるロープ確保のクライミングと下降ワークを体験する内容だったが、今回は新たに「ロックトレッキング」を提案してみる。ロックトレッキングとは自分のイメージの呼称で、石門山独特の細長い切り立ったギザギザの稜線を端まで縦走して、戻りはトラバースルートで岩にしがみついて折り返すトレッキング。途中で小さな縦穴洞窟の登りも加わり、題して石門山冒険コース。

関西で何度かロッククライミング体験の経験のある参加者のおふたりにとっては、難しいルートへのクライミングよりも岩山あそびとしての達成感や充足感があったようで満足されていたようだった。自分にとってもこのロックトレッキングは石門ゲレンデの特長を生かした新たな岩山でのアクティビティとしての可能性を実感する感触だった。
 

2,7mの脚立

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月20日(日)02時10分45秒
返信・引用
  最終のパネル張り工事に向けて脚立を購入。高さ2、7mある梯子脚立のトップメーカーのハセガワ製。これまでは2.1m高で間に合っていたが天井には届かないので思い切って張り込んだ。地元のお付き合いのある工具屋さん(W機工)で購入。ネット通販でホームセンター向けの安い同等品を買うつもりだったが、値段はそれより1万円以上高いが、支柱やステップの幅が広く、がっちりしたプロ仕様。高い脚立では落ちると大怪我するので値段の差は安全保障と考えてW機工さんで購入。値段もかなり勉強してくれた。ネット通販は安いけど地元の店の人とのつながりは出来ないのでこんな買い物もいい。
 

石門尾根まわり

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月18日(金)22時15分55秒
返信・引用
  土曜日予約のロッククラ体験だったが、雨予報の為日曜に変更になった。午後から石門に下見登り往路は尾根を歩きと復路はトラバースを練習。トラバースルートではもろい箇所があるので改めて静荷重、静移動の重要さがしみる。
 

コミュニケーション学習

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月18日(金)02時12分30秒
返信・引用
  学童祭りで保護者会の役員さんが作られた紙芝居を借りて、その舞台を段ボールで作る。
きょう老人施設でのレクで施設実習の学生さんに演じてもらう。実習のテーマはお年寄りに紙芝居やゲーム通じてのコミュニケーションの学習。歯科衛生士を養成する専門学校での学生さん2名で桃、浦島、金太郎の昔話を読んでいく。ひとりが話を読み、もうひとりが絵をめくっていく分担作業でやっていたが・・その連携がうまくいかずにちぐはぐになっていた。練習時間がないのでスムーズに出来ないのが当然だが、このふたつの作業は本来分担せずにひとりでするのがいいのではと思った。・・・けれど段ボールの舞台に脚がないのでひとりが支えないといけない、ということもあって分担になったのだろうなあ。合間にそれぞれのテーマを三味線で伴奏して皆で歌う。
 

学童イベントでの三味線

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月14日(月)01時50分4秒
返信・引用
  13日、阿南市の平島小学校児童クラブ(学童保育)創立20周年のお祭りイベントに招かれての三味線演奏。つがるん佐古とカルチャー講座の鴨島、阿南のメンバー8名での舞台。体育館で低学年中心の子供たちと保護者ら50人ぐらいが集まる開会式で30分くらいの演奏。今までにない子供たちの前での三味線はもって10分かとふんでいたが、もう一組の出演の落語がなくなり、30分に。

津軽の2曲と「さくらさくら」と童謡の三太郎そして阿波踊りの伴奏・・。今回の目玉は佐古のSちゃん(小6年)が舞台デビューで「さくらさくら」を僕と二人で弾く。彼女は三味線始めて半年くらい。怪我でしばらく休んで一時は辞めるかもと心配だったが、この舞台でやる気になって練習してあがることなく落ち着いて演奏をこなした。童謡(桃、浦島、金太郎)は紙芝居を保護者会役員のお母さん方にしてもらいながら曲をしてどうにか時間もち、最後は阿波踊りは10人くらいの子供たちが踊る伴奏で、子供たちの踊りに当方メンバーや、保護者役員さんも飛び入りして賑やかに終わることが出来た。主催者や子供たちのおかげで無事に役割を果たすことが出来て改めて三味線は伴奏楽器を実感。グループとしての演奏力はまだまだだが、楽しさを伝えたいという想いは素晴らしい
 

3回目のリニューアルに

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月13日(日)03時10分6秒
返信・引用
  天井のパネル貼りの作業を開始する。丸鋸で引く切断作業は楽しく長手の線にそって1枚引くたびに充足感に満たされる。天井枠のサイズを測っているが実際にあわせると誤差がありはまらない。少しずつ切り込んでようやくハマってビス止めする。2日がかりでようやく1段終了。当初は1段のみの予定だったが、この際と天井全面にパネルを貼ってウォールにする方針に決めた。材料としてあと10枚くらいコンパネが必要なのと高い脚立も購入になりそう・・・。ちょっとした手直し作業が本格的なリニューアル工事になる。今年中を目標にしてことことやっていこう。
 

デイキャンプ講習

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月 9日(水)02時03分0秒
返信・引用
  11月7日コスモス満開の鳴門ウチノ海で、この上ない小春日和に恵まれてシルバー大学院健康スポーツ講座のデイキャンプ。32名の参加者は4班にて飯盒炊さんと山型風芋煮会。自分は燻製づくりで副食に添える。この度購入したカセットコンロが10分ほどで火が消えるトラブル。参加者のNさんが触って回復するがまたしばらくつけていると消える。どうやら原因は燻製器がカセットコンロのボンベカバーに当たっていて熱が生じて安全装置が働いてストップしたようだった。一方のキャンピングガスのほうは問題なしだったので全員分の燻製は出来た。人生の先輩ばかりのメンバーなのでガスに詳しい方もいて自分もいい勉強になった。また調理作業も手早くあっというまに各班出来上がり11時半には乾杯!。昼からは班対抗のペタンク大会で盛り上がりデイキャンプが大成功だった。この結果はメンバーの能力と皆の協力、そして天気がよかったのがもたらしてくれたといえる。
 

燻製準備2

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月 6日(日)09時11分19秒
返信・引用
  昨日夕方に燻製準備。前回古いカセットボンベのガス漏れでコンロに引火したので専用のボンベを買ってつけると快適に燃焼する。今回はチーチクの試しと、前回失敗した卵。殻むきしてしばらく30分ほど置いて燻製すると冷えてもしわよりはなかった。チーチクはつまみに最高でキュウリを添えると色合いも触感も向上する。チップはヒッコリーを初試用するがあまり差は感じなかった。
 

ウォールルームさわり開始

 投稿者:toga  投稿日:2016年11月 5日(土)02時43分20秒
返信・引用 編集済
  あそび蔵ウオールの小さい増設にかかる。今回は南側垂壁をロフト外壁に伸ばして扉入口をつけて壁からロフトに入れるようにするアイデア。扉の注文加工は近所の同級生(A君)に依頼して連結するパネルと北側の壁を天井半ばまで延ばす計画。先月購入したコンパネ4枚を柿しぶで塗装しておく。きょうは連絡壁のパネルを切って穴あけする。穴あけは今まで表から一気に開けていた為、ウラ側の表面が剥がれる事が多かった。爪付ナットを受けるウラ側に剥がれのガタが出るとナットが止まりにくくなるのを避けるため、ドリルを一度で貫通させずに両面から行うようにする。手間はかかったが裏側の剥がれはなくなった。
 

レンタル掲示板
/66