teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


レクとしてのクライミングを

 投稿者:toga  投稿日:2017年 2月 5日(日)17時31分52秒
返信・引用
  土曜日塗装作業中にクライミング予約の電話があり夕方から実施。6歳の女子hちゃんとお父さんがプログラム体験されお母さんと赤ちゃんが見学。hちゃんは体は柔かいがまだ運動経験が少ないようで登る時の基本が出来ていなくなかなか上がれなかった。けれどやる気があり時間かかったが洞窟ナンバールートをいく事が出来た。壁をなかなかうまく登れない子は1度経験したらもう来ないのが殆どなのにhちゃんは楽しかったのでまたやりたいといった。

初めての様子でこの子は向いているかどうかを判断してしまいがちなになる昨今の自分だった。けれど自分自身クライミングやカヌースポーツの素質はなく、ただ好きだったので続けてこれた。ここでの子供クライミングは競技でなく趣味のアウトドアア活動の導入としての目的なので続けていければきっと出来るはず。登り方の基本が身についていない子をいかに自主的に楽しめるところまで関わっていくかが自分の仕事の目標だと認識。
 
 

眼、墨、子供

 投稿者:toga  投稿日:2017年 2月 4日(土)01時47分24秒
返信・引用 編集済
  昨日より右目に痛くなりゴミが入ったのかと洗顔したり目薬を差したが治らず眼医者に行く。朝8時過ぎにK医院にいくが25番めで3時間待ちだった。診察結果は異物はないが眼球にキズがあるようでおそらくドライアイが原因とのことで点眼薬を3種もらって帰る。また白眼に肉片がついてだんだん広がってきている事を尋ねると、黒目まで被ってきたら手術が必要との診断で少し驚いた。いずれにしても時々確認していかねばならない。

午後からは柿しぶ塗装。茶室下半分部分を柿渋に墨汁を混ぜた「墨渋」を塗る。2面塗り終えて終了。柿渋が残り少ないのでメーカーに追加発注してクライミング部屋の準備。
夕方以前体験されたNさんの子供さんがクラブに入会してくれた。7才のお姉ちゃんと5歳の双子ちゃんの3名。お母さんも前向きに一緒に体を動かしながらサポートしてくれて助かった。子供たちのお気に入りは洞窟コースで何度も入っていた。次回は来週金曜会の前半組に加入にて行うようになる。
 

結婚式でソロ演奏

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月31日(火)09時57分29秒
返信・引用 編集済
  29日結婚式で三味線演奏をさせてもらった。先日クライミング室の照明工事をしてくれたカヌー&クライミング仲間のH君。工事代金を払おうとしたら「代金はサービスするので結婚式で三味線を・・」という事のいきさつ。新婦のMさんは27歳ほど離れた年の差婚で聞いた時は驚いたが・・、彼女のご希望もあってお受けした。というもののこれまではグループでの老人施設演奏が殆どで気楽にいける。けれどソロはミスがそのまま出るので失敗できないプレッシャーがかかる。披露宴は50名ほどの出席者で若い女性が多く静かな雰囲気だった。お色直し後の余興で司会者から呼び出されると会場はシーンと水をうった静けさになる。演奏曲は黒田節と津軽じょんから節。黒田節を知る人も少なく親族側のテーブルから小さく歌ってくれる方もいた。津軽曲弾きになっても静かなままでマイクなしでも自分の三味線を打つ音だけが響く。緊張で指の動きも固かったが大きなミスもなく演奏が終えると会場から掛け声もあり大きな拍手を頂いた。
こんなに緊張したのは久しぶりだったが演奏後の快感も久しぶりで充足感。しばらくはこの余韻で前向きに行けそうだ。
 

塗装

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月29日(日)02時38分41秒
返信・引用
  柿渋塗装を始めて茶室の上半部と倉庫が終えた。柿しぶは塗れば鮮やかな柿色に変わるので気持ちいい。今回は高い脚立があるので西側の壁面塗りが少し届きやすくなった。けれど地上3mで立て角度のない壁面は不安がある。もしここで弱い地震がきたら落ちるかもと思えばゆっくりは塗れない。以前より長時間は出来ないのでぼちぼちと気分転換にやる程度で
 

きさわ下積山行

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月27日(金)09時46分31秒
返信・引用
  26日快晴予報だったので木沢へ下積山行。下見ではなく下積みです。これからのレクサーの山川あそびのホームは地元の那賀川筋行をメインにして伝える活動をしていきたいという想いから。冬山の木沢は除雪がないので入りにくいというイメージで避けていたが、それでも入れるには・・という課題の下積み。

am6:30DH発、四季美谷温泉まで越えても雪はなかったが藤ヶ内谷林道に入るとガチガチの凍結路となりチェンを巻く。5k程上がった所で進まずに車を置く。車高はあと10㎝ほど隙間があったが軽トラ(サンバー)はスタットレスで後輪チェンしたものタイヤが小さく車重も軽い雪道の限界が早い。チェンを4輪巻けば行けるかもしれない感じだったが、やはり積雪ある時はデリカがいいだろう。ここから5K強を2時間10分歩いて川成峠着。登山道にとりついて12時回っていたのですぐの昼食。今回初の抹茶ヌードルは甘い感じの味でまあまあ。
12時50分再出発して13時40当野石峠手前のピーク。この稜線はスノーシューハイク向きのなだらかさだが、樫戸丸とは違って霧氷もなく景色の変化が少ない。天神丸まで行けばまた違うかもしれないので次回は行ってみたい。14時に尾根をショートカットして下山するがヤブや倒れた杉林も多く快適には下れなかったので早めに林道へ出て降りて90分で車位置へ。

帰りにいつも寄るお気に入りの木沢トイレ。なんときょうは黄梅がカップ瓶にさしてあり素朴な安らぎがあり目を魅いた。役場木沢支所で地図を購入してそのトイレの話をすると、四季美谷温泉がトイレの掃除など管理していて花も従業員の方がまわりに咲くものを摘んで生けているいるとの事だった。
 

つがるんに新メンバー

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月25日(水)10時05分50秒
返信・引用
  先週問い合わせがあった方が昨日の佐古会に見学。美馬から来られた40代くらいの体格のいい男性。通販で購入したばかりの津軽エレキ仕様を持参。地元阿波踊り連で太鼓をしていたとのことだが、吉田兄弟を見て三味線をやろうとネットでエレキ仕様を購入。というものの調弦もわからないので教室を探して当会にヒットしたとの経緯だった。太棹を構えても三味線が小さく見えるほどのがっちりした体格と、踊り連でずっと太鼓を打っていただけあって力強い叩きの型がすぐに真似ることが出来ていた。この人ならきっとうまくなると確信。

昨年末に参加者数が4人くらいまで落ち男性メンバーが欲しいなあとKさんと対策を考えていた矢先に一人入りまた今回ひとり入った。12月から休んでいたK女史も久しぶりに出て来られ賑やかな練習会になった。地道に続けて願いをもっていたら叶うものだなあと天井の神に感謝
 

塗装開始

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月24日(火)10時26分11秒
返信・引用
  天井ウォール工事も注文したホールドが届くまでお預けなので、ダッキーハウスの外壁塗装作業にかかる。寒い週明けだが天気がいい塗装日和。まずはウオール増設で残った柿渋で茶室小屋からかかる。大工作業と違って考えなくてすむので効率よく作業出来る。昨日は外壁半分塗って終了。
夜はクライミング月曜会。途中でテイ―タイムで休憩したのが良かったのかその後も登りたいといってノリノリだった。
 

照明器具全付け替え

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月20日(金)10時08分38秒
返信・引用
  石門仲間のH君が全面協力支援であそび蔵の照明器具をLED蛍光器具に付け替え工事をいてくれた。20w相当の長さのバーライトを7機、コースルートの邪魔にならないようにタテに配置して2時間ほどで完了。部屋がスタジオのようにガラリと明るくなった。そしてルーフコースの試し登り。つかみやすい初級ルーフ用ホールドの効果もあって、H君はすんなりルートクリアする。僕はクリップワークで手こずって失敗落ち。このカッコ悪さをバネにして練習しなければ・・・。
 

初釜

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月19日(木)02時19分22秒
返信・引用 編集済
  きょうは僕が所属する那賀川茶道クラブの初釜。通常は那賀川町民センターで練習しているが、正月と藤の花時期は当方でやっている。炉の炭もこの冬初めてで着火剤がなかったので段ボール紙で火おこししようとするがなかなかつかずに時間がかかってしまった。今年も先生は最後にくじびきをして頂き、1等の茶器は新しいメンバーのKさんがゲット。久しぶりに茶室(きっさこ)から笑い声で賑やかになった。もっと使わないともったいないなあと。
 

ホールド取り付け

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月16日(月)09時42分9秒
返信・引用
  注文していたホールドを天井パネルに付けてみる。とりあえずの30個なのでパネル1枚幅だけ。あと残りは追って注文するがルーフ用はサイズが大きいので結構高くつく。あと40個くらいは必要だが・・。照明器具はLEDに取り替えてルートに平行になるようにする予定で今週入荷なので今月中にはなんとかなりそう。
 

1周忌法要

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月13日(金)17時36分59秒
返信・引用
  昨日は父の1周忌法要だった。あわせて母の17回忌も一緒に行う。青森と東京の兄姉が帰省して親戚すじは6人とこじんまりと自宅で行う。また食事もなしで仕出しのお弁当とネットで取り寄せたおみやげを渡して午前中で終了。親戚のなかではこのスタイルは初めてだが自分の法事経験から半日で終えたらいいのにと思っていたので試行するが果たしてどうだったのかなと。飾り物もかたづけてきょう空港へ送って1件落着。仏壇がにぎやかになったので父母も喜んでいるように思う。。
 

子どもクラブ新年例会

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月10日(火)00時08分41秒
返信・引用
  クライミング月曜会の年明け初の練習会は祝日で皆さんの日中予定もなかったので急遽時間を午後から変更してクライミングと新年会に。2時PMに集合、90分の練習後はお母さん方の持ち寄りでぜんざい会。おかわりもしてたらふく食べた後はかるた会。1回やり終えて取り札が少なかった子が2回目はどくれてやらずに、最後に泣いてしまう事があったが・・・なかなか難しい。
 

天井貼り完了

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月 8日(日)00時31分15秒
返信・引用
  残っていた1枚半のスペースにコンパネを貼りようやく天井ウォールの下地が完了。ほぼコンパネ10枚分の面積となったが、今回は難易度の高い作業だっただけに充足感にしばし浸れた。昨日照明器具とホールドを一部注文した。あとロフトへの通路づくりもあるのでリニューアル完成は3月頃かな。
 

H29年新年山行

 投稿者:toga  投稿日:2017年 1月 3日(火)20時16分28秒
返信・引用 編集済
  準備は万端だったが、参加予定の山レク仲間のY君が30日に事故して怪我で不参加との連絡あり、残念ながら3人での山行となった。年末年始も温かく穏やかな予報だったので集合時間を1時間ほど遅くしてAM3時すぎに出発。順調にスーパー林道ゲートまで車で入れたが、手前で今回初参加のBさんが車酔いしたとの事でしばらく休んで準備を始める。
7時10分出発、一昨日より積雪は溶けて地肌が多くなる。しかしその分沢の水量が増えて、凍った橋や飛び石で滑ると靴の中までずぶ濡れになる状態。ストックで支えながら慎重に足を運び沢を越えてを踏み外すと沢を渡る時が緊張する。暖冬のほら貝ルートは斜面トラバースよりも沢越えがリスキーになると知った。9:40ほら貝滝に着。寒いのですぐに動きだし稜線にのって朝食をとる。

その後は長い登りが続くが雪がないのでスムーズに高度を上げて次郎笈を望む最高のビューポイントでティタイム。雲も風もない快晴の小春日和にアウターを脱いでのんびりと。山頂ゲレンデの笹原では下見ではたくさんいたシカが、きょうは姿どころか鳴き声ひとつしなかった。けれど糞尿の匂いはきつく笹の葉も食べられていた。13:35剣山頂着。Bさんを待ってヒュッテ入り受付済ませると14時半近くになったのでやめた。

昨年ヒュッテが新装となり初めての利用で部屋の中は暖かく快適に眠れた。2日は8時半ヒュッテ発、9:20一の森に着くと予想通り便意をもよおし雉打ちスッキリ。何故だか自分の体は山で歩きだすとしたくなるクセになっている。我慢したら2~3日便秘になるのでそこでするのだが今年はこのパターンを変えて朝起きて出るように改善したい。

10:50槍戸山から難所の岩場を越えて11:50稜線分岐で昼食。日射しも出て3人しかいない贅沢なゲレンデでくつろぐ。その後の分岐でザックの上ポケットのチャックが全開になって財布がなくなっていた。最後の稜線で雪がわりと残っていたのでスノーシューランを楽しみ、ショートカットの林道降り口ほぼ3mを無事にクライムダウンして林道へ。クールダウンしながら15時前に下山。四季美谷温泉でBさんがとても気持ちよさそうに温泉を満喫していた。

仲間のM君も初めての南つるぎルートに絶賛でこれからはもう南からで行きましょうと。明るく景色よく動物も多い自然のふかい環境はいいが、厳冬期では車が近くまで入れなくなるのでタイミングが重要。体力もいるので冬山初心者はまず見ノ越側からの経験と、夏のほら貝ルートを経験してからのおすすめとなるだろう。次回は雪解けに財布捜索にいきます。

 

新年山行下見

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月30日(金)23時56分2秒
返信・引用
  最終下見の目的はアクセス道の状況。30日AM5時前に出発。岩倉を越えて影部や橋は10㎝の凍った雪。19日の下見では新雪でスタットレスだけでは滑りチェンをかけたが、きょうは凍結に少し雪が残って言う状況なのでチェンかけずに終点まで入る。年末年始は天気よく寒気も入らない予報なので集合時間を遅くすることに。ただ落石箇所が多いのでスコップやテコ棒などの道具が必要。吹き溜まりも1か所あったが積雪が少ないので問題なく通れた。
もうひとつの下見目的は2日めの槍戸山からの下山ルート。スーパー林道の登山口までは遠いので前回の下見で目をつけた尾根から取り付く。岩登りも出て槍戸山頂には12時までかかった。稜線は吹き溜まりが多くスノーシュー必要。山道をメインにして途中からショートカットしてナビにより前回のような崖降りはなくなった。
もう少し雪があればいいのになあと思いつつ、雪が少ないから車が終点までは入れるのでて登りやすい。一長一短


 

親子でクライミング

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月29日(木)22時35分50秒
返信・引用
  子どもクライミングメンバーFさんが正月帰省したお兄さん家族と一緒に来られて子供3、大人2名で親子クライミング。ストレッチ、ボルダリング、洞窟ルート、ロープクラ、スラックライン等でいつも見ているFさんも刺激されてスラックラインにチャレンジ・・・親子で楽しくあっという間に2時間半だった。
 

法要準備

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月27日(火)22時59分34秒
返信・引用
  今年1月に父が他界したので年賀状書きはない変わりに年明け12日に1周忌法要するので準備。
兄弟親戚あわせて10人強なので家で行う。今回は形式にこだわらずに午前中で終わり会食はなし。弁当とおみやげを渡して終了とするが任意で時間ある人はその場で食べてもらうことにする。
引き出ものとして菓子問屋に勤める友人お薦めの生菓子をネットで確認、連絡して年明けに注文することに。菓子折1個では物足りないのでお茶をつけようとネットでいろいろ調べて静岡茶を注文。本来引き出物の数は奇数が慣例みたいだが・・形にとらわれない法要なのでお土産は2点にする。午後から仕出し屋で弁当の確認して予約することに。
 

ロックで年賀状挨拶

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月24日(土)23時09分43秒
返信・引用
  久しぶりにSさんより急遽電話連絡ありロックの体験スクール。高所恐怖があるとの彼だが、年賀状印刷にインパクトある画を撮りたいとの軽いノリだったので、リクエストにお答えしてクライムアップとダウンをして新設定の稜線縦走を行う。これは彼の人生で一番のスリルだったらしく、始めはひいていた腰もだんだんと伸びて慣れてきた。ミニ岩窟のチムニー越えもこなして緊張の表情から楽しいという声に変わった。目的の画像も撮れてダッキーハウスに戻って鍋で夕食乾杯。
 

3人で岩窟ハイク

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月24日(土)21時58分41秒
返信・引用
  23日はカラリと晴れての岩窟巡りハイク。大阪から男女2名のご参加で歩き出すと手をつなぐアツアツぶりが気になったが・・、岩窟の潜入になると二人とも興味津々で「凄いなあ、面白い・・」とノリノリの笑顔になった。その様子に自分も嬉しくなり、通常は入らない奥の枝穴や、クライミングルートに案内。女性もコウモリや大ゲジにも嫌がることなくおちついて観察していた。歴史にも堪能で山頂下の陣が丸の長曾我部氏の陰謀の説明した看板など熱心に読んでいた。昼食の味噌汁サービスも喜んでくれてまた夏には是非と満足して頂いたようすだった。
 

新年山行準備2、3

 投稿者:toga  投稿日:2016年12月20日(火)01時02分14秒
返信・引用
  土曜はM君とほら貝ルートの剣山を登る予定だったが、痛恨のポカでルート見落としてどんどん進み、次郎笈方面の沢に入ってしまい2時間ものタイムロス。その為ほら貝滝で昼食して稜線に乗って少しで下山となる。M君をがっかりさせてしまい申し訳ない情けない結果で、収まらず翌日も山に。

AM6時半にスーパー林道入り口の封鎖ゲートに着き、7時に登山開始。ほら貝滝の手前の地蔵岩をチェックでき8時半に滝到着。下るのはもったいないと大岩をトラバースするが逆にもたついて稜線にのる。南つるぎはシカが多く10頭以上しかも雄も多く見た。稜線の積雪は10~20㎝だったが、なかなかの遠さでようやくの山頂手前から膝までのラッセルになって11時に山頂着。
微妙な時間だったが、一の森への踏み跡もあり縦走へ。サクサク11時40分に山頂着いて槍戸方面に延びるお気に入りのピークで昼食ラーメン。ところが箸を忘れたようで周りを探すと小さいサクラがあったので少し枝を頂いて箸にする。12:40分一の森を発ち13:15槍戸山からすぐ下のロープ急場を慎重に越えて登山口のスーパー林道へ。左に廻りこむ登山口ルートを少しショートカットしたおかげで岩にしがみついて14時林道に降りる。そこから30分の林道歩きにて15:30無事に車置いたゲートに戻る。帰りにいくつかある橋の名と距離を記録しながら走るが眠くてガードレールに接近することもあった。とにかく疲れたがいい収獲だった。本番の新年は天候と積雪量が実施のポイントになるので年末に道路下見と下山口ルートを確認して準備は完了に。
 

レンタル掲示板
/65