teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


223回例会に

 投稿者:栗本  投稿日:2017年 2月18日(土)14時34分2秒
  出席させていただくつもりです。
よろしくお願いします。
 
 

第三弾、終わりです。

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月12日(日)06時09分43秒
  キトラの壁画と天文画はもう全部修復が終わっており、年4回の予定で公開して行くそうです。せめて年2回で公開しろとアンケートに答えておきました。

 

第二段です。

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月12日(日)06時07分0秒
  本物は写真撮影禁止でしたので、展示館の映像からの玄武の写真を掲示します。
 

昨日は

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月12日(日)06時05分6秒
  河内さん、大隈君、wifeと4人でキトラ古墳の「北壁壁画・玄武」の公開展示」に行って来ました。梅田で待ち合わせて
車で往復4時間。雪の中のキトラ古墳でした。まぁまぁの見学者でしたが、雪でキャンセルした連中もあったようで、
11時5分からの予定が、10時半からの組に入れて貰えました。さすがに、高松塚と違ってキトラの壁画はよく残っており、
結構綺麗でした。帰りは吉野郡大淀町の道の駅で、大淀名物、大淀ポークのトンカツ定食を食って帰りました。
めちゃくちゃ旨いトンカツでした。梅田で河内さん、大隈君を降ろしましたが、二人はそれから「阪急ガード下横町」
へ呑みに行ったようです。お疲れ様でした。

 

223回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月10日(金)21時53分33秒
  参加者は、現在、河内、錦織、大隈、筑前です。まだ時間はありますのでゆっくりお考えください。
 

223回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月 8日(水)06時19分22秒
  私は、全邪馬連関西支部の関係で2月26日は添付資料の講演会に行くことになってしまいました。
そこで2月の223回例会を、わが歴史倶楽部としてもこの講演会に参加というのはいかがでしょうか。
午后1時20分現地集合となりますが、他にアイデアがあれば、勿論そちらでも構いませんので、
どなたかに引率して頂いて開催してください。今日のみゆき会で相談しましょう。

 

オオワシ探訪

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 2月 7日(火)05時23分11秒
  滋賀県長浜市湖北町へオオワシを見に行きました。以下のURLです。お暇ならどうぞ。

http://inoues.net/family/birder/toritori_no1.html

 

222回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月30日(月)18時57分48秒
編集済
  最終です。これは靖さんの投稿です。

 

222階例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月30日(月)18時56分59秒
  第三弾です。  

222回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月30日(月)18時56分4秒
  第二弾です。  

facebookに投稿した文章と写真です。

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月30日(月)18時52分34秒
  昨日の日曜は、我が歴史倶楽部の222回目の例会でした。堺から葛城へ続く竹之内街道の真ん中、大阪府太子町から奈良県葛城市の長尾神社まで、約13kmを歩きました。万歩計は2万6千歩。久し振りの長距離例会で、今朝は体全体が強っています。
竹之内街道は、飛鳥時代に出来た我が国初の官道で、聖徳太子や外国からの使節もこの道を通ったと言われている道です。竹ノ内峠を越えて大阪府から奈良県へ入ります。峠までずーっと登りで、いささか疲れました。
帰りの電車で、天王寺での中国春節祭のポスターを見かけちょっと寄っていきました。反省会で、また呑みました。
バカチョン・デジと携帯カメラで撮しましたので、写真はいささかボケボケです。やっぱ今度のカメラと性能ちゃうなぁ。
 

222回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月28日(土)05時21分50秒
  出席予定者、河内さん、大隈さん、錦織さん、靖さん、筑前です。
欠席予定者、栗本さん、橋本さん、西本さん、松田さん、です。

淡路島舟木遺蹟行きたいですが、河内さんが免許を返上しましたから足がありません。


 

参加でよろしく

 投稿者:靖 井上  投稿日:2017年 1月28日(土)01時47分25秒
  舟木遺跡は2月5日説明会ってありましたね。
 

また淡路島へ

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月27日(金)12時11分28秒
  行かなアキマヘンな。
 

222回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月27日(金)07時11分21秒
  欠席のご連絡は、栗本さん、橋本さんです。出席は今の所、河内、大隈、筑前の3名です。
 

第222回例会

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月24日(火)16時50分40秒
  大阪本町・歴史倶楽部 第222回例会 「竹之内街道をゆく」

日時:2017年1月29日
集合:近鉄阿部野橋改札前 9:15-20分
コ-ス:09:24発 大阪阿部野橋
    近鉄南大阪線準急・橿原神宮前行
    09:52 上ノ太子駅
-竹之内街道
-近鉄大阪線・磐城駅(奈良県葛城市)
持参: 弁当、水筒、防寒具、雨具
(雪になるかも知れないので、防寒具、雨具お忘れ無く)
参考:全行程11.5km、全歩行時間2時間23分、標準所要時間5時間

出欠を宜しく。

 

最後です。

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月 6日(金)23時54分30秒
  文楽資料室もなかなか面白かったです。ココだけ入れてくれないのが残念ですね。  

国立文楽劇場

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月 6日(金)23時52分30秒
  続きです。(第三弾!)  

国立文楽劇場

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月 6日(金)23時51分7秒
  続きです。  

国立文楽劇場

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月 6日(金)23時50分10秒
  今日は弁当を持って、嫁半と文楽を見に行って来ました。断片的には見たことがあるものの、本格的に見るのは二人とも初めてでした。非常に面白かったです。人形に集中していているとシテも黒子も見えなくなるから不思議です。内容は歌舞伎や読本に題材をとった時代物で、一応STORYがあって、底本(読み下し文)のディジタル表示が舞台の上に大きく出るのでほぼ理解出来ますが、歴史を知らないと面白さも今一かもしれません。嫁半は半分くらい寝てました。資料室もあって、文楽の歴史や人形の動く仕組みなどが解説してあってこれも面白かったです。ロッカーが10円だったのには驚きました。本日の出し物は以下の様な物でしたが、私は最後の奴が一番面白かったですね。

第1部 午前11時開演 国立劇場開場五十周年を祝ひて

寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)

奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)
 環の宮明御殿の段

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
 十種香の段/奥庭狐火の段
 

(無題)

 投稿者:錦織  投稿日:2017年 1月 6日(金)12時43分37秒
  歴史倶楽部の皆様明けましておめでとうございます。遅くなりなりましたが、今年も宜しくお願い申し上げます。  

あけまして

 投稿者:筑前  投稿日:2017年 1月 1日(日)11時50分36秒
編集済
  おめでとう御座います。今年も宜しくお願いします。

 

遅ればせながら

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月30日(金)13時02分30秒
  本日は歴史倶楽部第221回目の例会でした。毎年の恒例、「納会例会」です。
コースは、四条河原町 - 円山公園 - 長楽寺 - 将軍塚 ー 将軍塚清龍殿 - 青龍殿大舞台 - 東山山頂公園 - 京都トレイル道にて大谷廟へ。2年前に出来た青龍殿大舞台からの京都市街の眺めは圧巻でした。東山の山頂へは、円山公園から30分程。あっという間に上れます。これでいよいよ正月です。さぁ、明日は年賀状書かねば。

この日の行程は2時間もあれは下山して終了なのですが、大隈君が東山山麓を殆ど知らないので、清水から、ねねの道、六波羅探題と一廻り東山を案内して,結局4時過ぎまでの、通常の「東山散策コース」になってしまいました。万歩計は2万歩を越えていて、四条河原町のミュンヘンで打ち上げ終了です。
 

鬼が笑う来年の話

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月26日(月)19時52分51秒
  各位
HP、第219回の「飛鳥サイクリング例会」の模様は
ご覧頂いたでしょうか?
あそこの最後の頁「キトラ古墳」の所に書いたように、
来年の建国記念日に「ほんまもん」の壁画見学会を申
しこんでいたら抽選にあたりました。4人までですの
で、ご希望の方はお知らせください。4人で締め切り
ます。また自転車で四神館まで行きたいと思います。
尚参加表は当方で印刷しています。2月11日近鉄飛鳥
駅前に10:00においで下さい。mailお待ちします。
筑前
 

第219回例会の

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月23日(金)10時39分52秒
  「サイクリングで晩秋の飛鳥をゆく」を歴史倶楽部コーナーにUPLOADしました。
大掃除の合間に見てください。
 

221回例会は

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月21日(水)12時38分54秒
  現在参加舎が、大隈君、河内さん、靖さん、筑前です。最近できた青龍院の大舞台からの京都市街展望は必見らしいです。ここからの展望は京都一との事。
 

師走例会

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月19日(月)11時00分20秒
  只今参加者、大隈君と筑前です。
 

師走納会

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月18日(日)21時14分41秒
編集済
  大阪本町・歴史倶楽部 納会例会

第221回例会 ~師走の京都・円山公園から東山山頂へ~

日時 : 平成28年12月25日
集合 : AM10:00 京阪四条駅 南座前(鴨川側)
コース: 四条河原町 - 円山公園 - 長楽寺 - 将軍塚
     ー 将軍塚清龍殿 - 青龍殿大舞台 - 東山山頂公園
     - 京都トレイル道にて京都市街へ(4ルートあり)
     (分からない場合は、往路を引き返す) - 京都市内にて納会

持ち物: 防寒具・雨具・弁当・ほか

解説 :

東山山頂は霊山(りょうぜん)観音の背後にある。下から見上げる限りは単に樹木に覆われた山で
しかないが、行ってみると山の上にいることを感じさせないほど広くて平坦な場所である。ここは
「歴史的風土特別保存地区」に属する東山山頂公園。デートスポットとして名高い展望台があり、
京都市街を一望できる。
東山山頂へは東側(山科側)から東山ドライブウェイを車で上るのが一般的なようだが、西側から
歩いて登ろうというのが私の考え。そしてそもそも歩いて登れる道はあるのか、というところから
始まり、地図とインターネットで4本の歩行ルートを見つけた。これらのルートには地図に載って
いない部分があり、誰もが知っている道というわけではない。今回はそのうち最も短い円山公園か
らのルートで登る。

簡単にルートを説明すると…

円山公園と大谷祖廟の参道との間の道路を長楽寺へ向かう。長楽寺門前で左折して石段を上ると、
すぐにまた石段があるのでこれを上る。上った所は道路より高くなった公園である。この公園を通
り抜け、更に先へ進むと「将軍塚道」と彫られた石の道標が見えてくる。この右側の道に入ると歓
喜天を祀った聖天堂の前を通って山道に入る。あとはくねくねと15分ほどひたすら登って行くだ
け。


<京都東山山頂に新名所誕生  「青龍殿」「大舞台」と「将軍塚」の案内> 青龍殿HPより。

平成26年10月、京都東山山頂に大護摩堂「青龍殿」を建立、落慶いたしました。青龍殿とは、奈良
大仏殿のおよそ横幅半分の木造大建築物で、国宝青不動をお祀りする建物です。青蓮院では、この
国宝 青不動を初めて奥殿に安置し、精密な複製画を通じておまいりすることが可能となりました。
建物内では、所定日に護摩を修し、みなさまの諸願成就を祈願させていただいております。
また、青龍殿と併せて木造の大舞台を新築しました。これにより東山山頂より、京都市内を足下に
見下し、大阪近郊まで一望できるようになりました。雨の日でも雲の上にそびえ立つ天空のお堂と
して見応えがございます。圧倒的なスケールと市内一望の大パノラマに、来られた方から大歓声が
上がります。

この大舞台から地図を広げながら、実際に京都の町並みをご覧いただきますと、観光場所や史跡、
ホテルなどの確認が容易となり、京都の理解に大変役立ちます。
さらに、平安遷都の折、桓武天皇が築かせた由緒ある将軍塚が現存し、見学することが可能です。
将軍塚横の庭園には、紅葉、桜など美しい樹木をはじめ、枯山水庭園、大隈重信、東郷元帥、黒木
大将らのお手植え松と顕彰碑など、歴史を偲ぶに相応しい場所ともなっております。
青不動さまに逢える、京都の文化・心に触れる、そして、歴史を学べる地として、是非、将軍塚青
龍殿へお越し下さい。尚、青龍殿へはお車、タクシーの他、循環バス(交通アクセスをご参照くだ
さい)をご利用下さい。健脚な方は、東山トレイルコース(山道)でも青蓮院本院からおよそ30分
~40分にてお越しになれます。

<京都市内を一望できる新名所「大舞台」の誕生>

青龍殿には清水寺の舞台の4.6倍の広さ(延面積:1046㎡)の木造大舞台を新設。眼下に京都市
内が一望でき、西展望台からは京都市内のみならず、大阪のビルまで遠望できます。圧倒的なスケ
ールと市内一望の大パノラマに、来られた方から大歓声が上がります。

<国宝「青不動」を青龍殿奥殿に安置>

教科書にも紹介されている「青不動明王二童子像」は、ご身体の色が青黒(しょうこく)なことか
ら通称「青不動」と呼ばれています。平安時代の中期、11世紀頃の製作とされ、我が国仏教絵画
史の最高傑作の一つとして、いち早く国宝に指定されました。縦203㎝、横149㎝の絹本礼拝
画像で、妄念や煩悩を焼き尽くす不動明王の気迫が拝する者を圧倒します。
国宝本体は奥殿に安置し、手前に精巧に製作された複製をお祀りし、皆様からのお願い事を毎月所
定日に護摩供にて祈願しています。昨今2度の一般公開の折りには、およそ55万人もの皆様にお
まいりいただきました。


<国宝 青不動明王>

青不動明王二童子像は、ご身体の色が青黒(しょうこく)なことから通称「青不動」と呼ばれ、日
本三大不動画のひとつとして有名です。製作時期は平安時代の中期、11世紀に当たるとされ、我
が国仏教絵画史の最高傑作の一つとして、いち早く国宝に指定されました。大きさは、縦203㎝、
横149㎝の大作の絹本礼拝画像です。
この画像は、絹本の濃茶褐色の地色に、朱と丹で激しく燃え盛り揺れ動くすさまじい炎が画かれ、
その中央に剣と絹索を持し、忿怒の相の青不動明王の尊身が厳かに岩の上に座しておられます。妄
念や煩悩を焼き尽くす不動明王の気迫が拝する者を圧倒します。
青蓮院では、宮中から下賜されたこの尊像を寺宝中の寺宝として、篤く敬い、尊崇してまいりまし
た。国宝本体を新築の奥殿に安置し、手前に精巧に製作された複製をお祀りし、皆様からのお願い
事を毎月所定日に護摩供にて祈願しています。


京の都は「将軍塚(しょうぐんづか)」から始まりました

この地は、京都の中心四条通の真上に位置し、桓武天皇が都を定められる折り、和気清麻呂に伴わ
れ登られて、この京都を都とすることをお決めになり、将軍の像に甲冑を着せ埋めて、都の安泰を
祈ったと伝えられています。約20m四方の将軍塚が現存しています。

<将軍塚の由緒>

鳥羽僧正絵巻に、将軍塚造営の絵図が残されています。源平盛衰記には、世の中に異変のある時は、
この塚が鳴動すると記されています。
近代では、東郷元帥、黒木大将、大隈重信、菊地大雪等のお手植えの松と石柱があり、往時の偉人
達が訪れ、ここから京の都を一望して日本の将来に思いを馳せたことが偲ばれる由緒ある場所です。
 

河原さん

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月12日(月)12時09分13秒
  全邪馬連の飯田三からの写真です。
 

ありがとうございます。

 投稿者:筑前  投稿日:2016年12月11日(日)20時37分24秒
  河原さん、写真ありがとうございます。今回私は写真が一枚もありませんので、写して頂けて良かったです。
故郷秋月についても、皆さん良いところだと仰っていただき、感謝です。全邪馬連の二人も、井上さんの
故郷に行きたいと応援に来てくれたのですが、本町・歴史倶楽部の皆さんとご一緒できてよかったと感謝
しておりました。是を機に相互の交流が始まればいいですが。ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/65