teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:4/164 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

動作能力とCOPMの遂行度及び満足度の相関性について

 投稿者:おすぎすぎ  投稿日:2016年 6月28日(火)14時14分31秒
  通報
  回復期に3年目のOTです。臨床場面にてCOPMを使用ささてもらっています。そこで質問なのですが、最近整形疾患の患者さんを担当する機会があり、その患者さんは比較的動作能力が高い方でした。COPMを実施したのですが、動作能力が高いにも関わらず、遂行度や満足度はとても低値を示しました。その後、COPMで挙がった作業も評価したのですが、ほぼ問題ないレベルでした。
今まで、COPMを経験した中で動作能力と遂行度及び満足度は比較的ズレが無かったのですが、今回のような経験は初めてです。(動作能力が高ければ遂行度及び満足度は比較的高い動作能力が低くければ遂行度及び満足度も比較的低い)。
動作能力と遂行度及び満足度の相関性はどの位あるのでしょうか?分かりづらい質問ですみません。また、そのような内容の文献等あれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/164 《前のページ | 次のページ》
/164